富山医科薬科大学 > 脳神経外科学 > 第18回老年脳外・第14回CNTT > 第14回CNTTプログラム

第14回脳神経外科手術と機器学会 抄録


第2日目 4月9日(土)B会場: 富山全日空ホテル 3階 飛鳥

一般演題 12: 穿通枝・静脈温存に関する基本手技 14:40〜15:30 発表5分、討論2分

座長: 塩川芳昭

2B5-5

髄膜腫手術における穿通枝・静脈温存に関する基本手技
Preservation of perforating arteries and venous system in meningioma surgery: our technique

栗田浩樹 KURITA Hiroki
塩川芳昭

杏林大学 医学部 脳神経外科

【目的】髄膜腫手術においては周囲の正常血管の温存が極めて重要である。今回我々は、血管と腫瘍の剥離法や注意点を術中videoを供覧して提示する。【方法】髄膜腫はepiarachnoid spaceに存在し、摘出の基本はarachnoidと腫瘍被膜の間の鋭的剥離であり、archnoidが保持されている症例では、血管を損傷する危険性は少ない。一方腫瘍がarachnoidを破って被膜とpiaが癒着している場合には、周囲血管の多くが腫瘍被膜と癒着しており、剥離には細心の注意が必要である。栄養血管もほとんどはこのpia-capsule面を貫通するが、多くはpassing throughするpial vesselであり、鋭的な剥離操作により温存可能である。すでにpiaが破壊され、腫瘍がsubpialに伸展している症例では、周囲血管は原則として被膜上に強く癒着・埋没しており、一見腫瘍血管と判別し難い事が多く、必ず全周性に剥離してから腫瘍血管のみを凝固する。周囲の穿通枝は通常腫瘍被膜上にdislocateして癒着しているが、穿通枝が貫通している場合はほとんどが柔らかいmultilobular tumor内を薄い膜からなるsputumにそって走行し、やわらかい結合織と鋭的に剥離することで温存可能である。【結論】髄膜腫手術における周囲血管温存はarachnoid surgeryにより可能となる。


富山医科薬科大学 > 脳神経外科学 > 第18回老年脳外・第14回CNTT > 第14回CNTTプログラム