富山医科薬科大学 > 脳神経外科学 > 第18回老年脳外・第14回CNTT > 第14回CNTTプログラム

第14回脳神経外科手術と機器学会 抄録


第2日目 4月9日(土)C会場: 富山全日空ホテル 3階 ホワイエ

ポスター 3: 手術支援機器・その他 14:10〜14:40 発表3分、討論2分

座長: 清木義勝

2C1-4

V-P shunt での簡便、迅速に皮下シャントシステム設置を行うための器具と手術手技
Technique and tools V-P shunt system

下川宣幸 SHIMOKAWA Nobuyuki
夫 由彦、定藤 剛、石黒友也、山縣 徹

ツカザキ病院 脳神経外科

我々の施設では年間20例余の水頭症症例に対して脳室腹腔シャント術を施行しているが、全例コッドマンハキム圧可変式バルブシャントシステムを使用している。後角穿刺の際には、脳室穿刺部位より腹部の皮膚切開線まで中継点なしでチューブ設置が可能なように、長いshunt passer を使用している。また、シャントバルブシステムを皮下に挿入設置する際、システムがかなりコンパクトに改良されてきているとはいえ、そのボリュームのため、頭皮下にスペースを確保するために、広範囲にわたる剥離を必要とすることが多い。そこで、我々はshunt passer と連結可能な皮下組織の剥離用鉗子を考案した。これにより、迅速にまた簡便にシャントシステムを皮下にsmooth に設置することが可能になった。出血量の減少とそれに伴うシャントシステムへの不要な血液の混入を最小限に押さえることもでき、手術時間も短縮できた。その手術手技と器具を紹介したい。


富山医科薬科大学 > 脳神経外科学 > 第18回老年脳外・第14回CNTT > 第14回CNTTプログラム