富山医科薬科大学 > 脳神経外科学 > 第18回老年脳外・第14回CNTT > 第14回CNTTプログラム

第14回脳神経外科手術と機器学会 抄録


第1日目 4月8日(金)B会場: 富山全日空ホテル 3階 飛鳥

イブニングセミナー: 基本的手技の習得と最新の手術機器・医療材料 18:10〜20:30

座長: 岩崎 喜信、渡辺 英寿、佐野 公俊、宝金 清博
共催: 三菱ウェルファーマ株式会社

ES-2-3

我々の用いる基本的開頭法 -その実際とpitfall-
Basic approaches and procedures in our institute -Technique and pitfall-

鈴木倫保 SUZUKI Michiyasu
梶原浩司、藤澤博亮

山口大学 脳神経外科

これまで多くのapproach/開頭法が報告されているが、その全てを収得することは困難を伴う。さらに我が国では、諸外国に比して脳神経外科研修医一人当たりの症例数は十分とは言えない。従って我々のコンセプトは、患者さんに不利益とならない限り、用いるapproach/開頭法の種類を少なくし、その代わり個人の習熟度を増すこととしている。例えば、動脈瘤に対してはpterional approachを多用し、interhemispheric approachやsubtemporal approachは少ない。また、人員を効率的に運用するため、診療グループ別(vascular、tumor等々)のapproach選択を行わず、なるべく各グループ共通のapproachを行うようにしている。例えばorbito-zygomatic approachを眼窩〜傍鞍部腫瘍とともに脳底動脈先端部動脈瘤にも使用することや、far lateral approachを聴神経腫瘍〜petroclival tumorと同様、椎骨動脈〜PICA動脈瘤/解離にも使用する。今回は、当講座のスタッフが開頭を行っている実際を供覧し、併せてこれまで経験したpitfallを述べ、注意点を考察したい。


富山医科薬科大学 > 脳神経外科学 > 第18回老年脳外・第14回CNTT > 第14回CNTTプログラム