富山医科薬科大学 > 脳神経外科学 > 第18回老年脳外・第14回CNTT > 第14回CNTTプログラム

第14回脳神経外科手術と機器学会 抄録


第1日目 4月8日(金)B会場: 富山全日空ホテル 3階 飛鳥

イブニングセミナー: 基本的手技の習得と最新の手術機器・医療材料 18:10〜20:30

座長: 岩崎 喜信、渡辺 英寿、佐野 公俊、宝金 清博
共催: 三菱ウェルファーマ株式会社

ES-2-4

手術機器の基本的な使い方
How to use the operative instruments in the neurosurgical field; the basic techniques

永田和哉 NAGATA Kazuya

NTT東日本関東病院 脳神経外科

同じマイクロ操作なのに、なぜバイポーラの先端が震えるのか。同じリトラクターを使っても、なぜ術野の展開が大きく違うのか。こうした疑問に悩む初心者は多い。実は、器具の持ち方、あるいは器具のセットの仕方が正しくないことがこうした原因のひとつとなっていることが多い。たとえばバイポーラは持ち方一つで、先端が震えず、組織がくっつかない凝固が可能となる。またセルフリトラクターもセットの仕方ひとつで、安定した、しかも良好な視野の展開が可能となる。このように一つ一つの手術機器には適切な持ち方、使い方があるのだが、こうした基本手技は従来の脳神経外科における研修システムでは、『見て覚えろ』的なトレーニングが多かったように思われ、実際に箸の上げ下ろしまで正しく指導される機会は少なかったのではないだろうか。本口演では、普段なかなか教わることのできない『上手な手術のための器械の使い方』について、実際にビデオで供覧しながら、演者がこれまでに体得してきたさまざまなtipsについて紹介したいと思う。基本的な開頭道具の使い方に始まり、正しいハイスピードドリルの扱い方、術野の展開器具の使い方から、最後はバイポーラや吸引管、マイクロ剥離子などのマイクロ器機の持ち方と使い方にいたるまでを供覧する予定である。


富山医科薬科大学 > 脳神経外科学 > 第18回老年脳外・第14回CNTT > 第14回CNTTプログラム