富山医科薬科大学 > 脳神経外科学 > 第18回老年脳外・第14回CNTT > 第18回老年脳外プログラム

第18回日本老年脳神経外科学会 抄録


第1日目 4月7日(木)富山国際会議場

ミニシンポジウム 1: 高齢者脳動脈瘤に対する血管内治療 14:10〜15:05 発表5分、討論2分、総合討論20分

座長: 滝 和郎、中込忠好

S-1

当施設における70歳以上の破裂脳動脈瘤患者に対する瘤内塞栓術およびクリッピング術の治療成績
Clinical results of ruptured cerebral aneurysms more than 70 years old treated with either neck clipping or endovascular coil embolization at our hospital

新堂 敦 SHINDO Atsushi
川西正彦、河井信行、田宮 隆、長尾省吾

香川大学 脳神経外科

【目的】過去10年間の70歳以上の急性期破裂脳動脈瘤患者に対するコイル塞栓術(CE)およびクリッピング術(NC)による治療成績を比較し、当施設での治療方針について検討した。【方法】1995年1月から2004年11月の間に急性期に治療が行われた70歳以上の破裂脳動脈瘤42例(CE群24例、NC群18例)を対象とした。また、当施設では2000年1月より本格的にCEを導入している。【結果】CE群は、M:F=6:18、年齢:71-89(平均79歳)、H&K gradeはI:2, II:5, III:5, IV:12、瘤の部位はAcom:3, ICA:15, MCA:2, posterior circulation:4であった。NC群は、M:F=2:16、年齢:71-82(平均75歳)、H&K gradeはI:2, II:5, III:5, IV:6、瘤の部位はAcom:5, ACA:2, ICA:6, MCA:4, posterior circulation:1であった。H&K grade I-IIにおける退院時の転帰良好例(GOSでGR+MD)は、CE群で7例(100%)、NC群で5例(71.4%)grade IIIではCE群で3例(60.0%)、NC群で0例、grade IVではCE群、NC群ともに0例であった。予後に影響したと思われる手術合併症は、CE群で1例、NC群で3例であった。【結語】CE群ではNC群と比較してH&K grade I-IIIでの退院時転帰良好例が多い傾向があったが、有意差はなかった。しかし、両群ともにgrade IVでの転帰良好例は認めなかったことから、70歳以上でgrade IVの患者に対しては、症例ごとに慎重に手術適応を検討する必要がある。


富山医科薬科大学 > 脳神経外科学 > 第18回老年脳外・第14回CNTT > 第18回老年脳外プログラム