富山医科薬科大学 > 脳神経外科学 > 第18回老年脳外・第14回CNTT > 第18回老年脳外プログラム

第18回日本老年脳神経外科学会 抄録


第1日目 4月7日(木)富山国際会議場

ミニシンポジウム 1: 高齢者脳動脈瘤に対する血管内治療 14:10〜15:05 発表5分、討論2分、総合討論20分

座長: 滝 和郎、中込忠好

S-2

高齢者破裂脳動脈瘤に対する急性期治療 -Coil firstの立場から-
Endovascular treatment of ruptured intracranial aneurysms in elderly patients -coil vs clip-

杉生憲志 SUGIU Kenji
徳永浩司、渡邊恭一、佐々原 渉、田川雅彦、小野成紀、小野田恵介、伊達  勲

岡山大学 脳神経外科

【背景】70歳以上の高齢者破裂脳動脈瘤に対して、当科ではcoil firstの立場で治療を行い、coilingの困難なbroad neckなどの症例に対してclippingを行っている。【対象】過去4年間に破裂急性期に治療した脳動脈瘤31例に関してcoiling(CO群)とclipping(CL群)を比較検討した。【結果】CO群19例、CL群12例、平均年齢はCO群79歳、CL群76歳であった。CLを選択した理由はbroad-neckが最多で8例であった。術前H&K gradeはCO群でIが3、以下II6、III5、IV5で、CL群でI6、II2、III2、IV2であった。手術合併症はCO群で術後再出血1例、CL群で脳梗塞2例を認め、術後全身合併症をCO群で6例、CL群で2例認めた。症候性血管攣縮はCO群で2例、CL群で4例認めた。CO群で2例において再発(1例は再出血)のため再治療を要した。転帰はCO群でGR8、MD4、SD3、D4、CL群でGR4、MD3、SD2、VS1、D2で、ほぼ術前gradeに相関していたが、予後悪化の重大因子として、CO群では肺炎・他臓器動脈瘤破裂等の全身合併症を5例に、CL群では手術合併症を2例に認めた。【結論】高齢者破裂脳動脈瘤に関しては、当科ではcoil firstの立場で治療に当たっているためbiasはかかっているものの、coilingは手技に伴う合併症は少なく、低侵襲で有望な治療法である。ただし高齢者ゆえの全身合併症の管理は、予後を左右する重要な課題である。


富山医科薬科大学 > 脳神経外科学 > 第18回老年脳外・第14回CNTT > 第18回老年脳外プログラム