富山医科薬科大学 > 脳神経外科学 > 第18回老年脳外・第14回CNTT > 第18回老年脳外プログラム

第18回日本老年脳神経外科学会 抄録


第1日目 4月7日(木)富山国際会議場

ミニシンポジウム 2: 高齢者破裂脳動脈瘤における問題点と工夫 15:05〜15:55 発表5分、討論2分、総合討論20分

座長: 溝井和夫、大西丘倫

S-6

当院で経験した高齢者脳動脈瘤例の手術所見から検証した術中の留意点
Surgical management of elderly patients with cerebral aneurysms

中内 淳 NAKAUCHI Jun
前田達浩

医療法人社団 山本前田記念会 前田病院 脳神経外科

(目的)当院で直達手術を施行した70歳以上の高齢者脳動脈瘤患者についてその手術時の所見から高齢者例の手術時の留意点を考察した。(対象、方法)過去4年間に直達手術を施行した70歳以上の高齢者脳動脈瘤19例。年齢は70〜84歳。男性:2例、女性17例。くも膜下出血(SAH)例:10例、未破裂脳動脈瘤:9例である。動脈瘤の部位は、IC-Pc : 3例、IC-Acho.: 1例、MC: 7例、Acom.: 6例、AC distal : 1例、BA top: 1例。手術法はclipping術:17例、wrapping&coating術:2例。(結果、考察)3ヶ月後予後のmRSでは、未破裂例では0:4例, 1:1例、2:2例、4: 2例、SAH例では0:2例, 1:2例、2:2例、4: 1例、5:2例、死亡:1例。術中所見から考察した高齢者問題症例を列挙すると1)術後静脈性梗塞が出現したIC-Pc 例。2)動脈瘤より直接穿通枝が出ていたためwrappingとしたMC例3)穿通枝が動脈瘤から離れているにもかかわらず前脈絡叢動脈の穿通枝梗塞を起こしたventral type IC-Pc例。4)術後硬膜下水腫発生のMC例5)broad neckの動脈瘤で親血管や動脈瘤に著明な動脈硬化を認めたMC例。6)clippingした7分後に突然クリップ近傍から破裂したAcom.例。(結語)これらの症例の術後経過を含め高齢者に生じやすい術中の問題点を提示しその対策法について述べる。


富山医科薬科大学 > 脳神経外科学 > 第18回老年脳外・第14回CNTT > 第18回老年脳外プログラム