富山大学 > 医学部 > 脳神経外科学 > 症状と疾患

目の症状

目の充血

ほとんどが疲れ目や結膜炎、つまり刺激物(異物)による炎症などです。

ただし、脳神経外科で扱う病気として「海綿静脈洞部硬膜動静脈瘻」という比較的めずらしい病気があるので注意を要します。これは、外傷後におこるものと、何の誘因も無しにおこるものがあり、放っておくと失明に至る危険性があります。

原因としては、動脈血が「海綿静脈洞」という部分に流れ込み、目からの静脈血が心臓の方へ帰れなくなり、充血を起こします。ザッザッという拍動性の耳鳴りや眼球の突出、だんだん目の症状が悪くなる、その他外傷の既往がある場合などは専門医に相談しましょう。

視野異常

もちろん眼底出血や網膜剥離など目の疾患が一番に考えられます。その他、脳外科的には次のようなものがあります。

目からの情報は、目から出る視神経が脳に入って視放線という線維になり、脳の一番後ろの方にある後頭葉というところに伝わります。この経路がいろんなところで腫瘍脳内出血脳梗塞により障害され、視野異常を呈してきます。右半分だけ見にくいとか、外側だけ見にくいとかいう症状です。老眼白内障と思って発見がおくれるケースもあります。

眼科へいったら視力、眼底検査で異常のない場合、視野検査を受けましょう。ただし、視野の周りだけがチカチカするというような場合は疲れ目という場合が多い様です。(片頭痛の前触れとしていろんな色が見えることもあります)

複視

物が二重に見えるという症状で、老眼近視の進行が最も考えられます。

脳外科的に最も注意を要すると思われるのは脳動脈瘤による動眼神経の圧迫です。この場合、どちらかの目が外側以外は動きにくくなります。脳動脈瘤破裂の前触れであり、専門医への早急な受診が求められます。

目を動かす神経は3本あり、前述の動眼神経の他、滑車神経外転神経があります。これらの神経は脳幹から海綿静脈洞内を経て目にいたります。脳幹部の脳梗塞や海綿静脈洞の腫瘍などおそろしい病気もありますが、糖尿病神経内科的な変性疾患でもおこりますので、大きな病院で見てもらいましょう。


脳神経外科学 > 症状と疾患 | 先進医療 | 附属病院診療科 | スタッフ紹介 | 関連施設 | その他

nsurgery@med.u-toyama.ac.jp