富山大学 > 医学部 > 脳神経外科学 > 症状と疾患

めまい・ふらつき

体調が悪いとき、例えば、かぜで高熱が出たとき、誰もがフラフラした記憶があると思います。美人(美男)を見るとクラクラして、腹がへってはボーとして、忙しくても目が回ります。クラクラ、フラフラ、ボーを「めまい」といいます。即ち、人間が一生を終わるまでは、何回か「めまい」を自覚するはずです。では、文学的表現としてのめまいは別として、人間が感じるめまいとは何でしょう。

めまいとは

めまいは、体のバランス感覚の障害です。バランス感覚は、様々な感覚が総合して成り立っており、簡単に説明します。

目で見た情報は、体のバランスをとるために重要です。遊園地のびっくりハウスは、斜めに部屋を作ってあるので、その中に入ると、バランス感覚が狂ってフラフラします。

耳の奥の「内耳」には、音を聞く「か牛」という器官と、頭の位置や運動を感じる「三半規管膨大部」という器官があります。バランス感覚に関係するのは、半規管と膨大部です。半規管、膨大部からの信号は、「前庭神経」という名前の神経によって直接脳に伝えられます。体をクルクル回すとめまいがするのは、半規管の働きによります。

頭や体が傾いたときは、首や足腰の筋肉が関節を曲げて体のバランスを保ちます。また、ちょうど良く筋肉を動かし、関節を曲げるために、筋肉や関節には力のかかり具合や関節の曲がり具合を感じ取るセンサーがついています。このセンサーの信号は脊髄を介して脳に伝えられ、うまくバランスがとれるように、過不足を修正されます。

目、耳、筋肉、関節からの情報はすべて最終的には脳に集まり統合されます。バランス感覚に重要な脳の場所は、小脳脳幹部と呼ばれる部分です。

また、バランス感覚の中枢は自律神経と密接な関係にあり、バランス感覚が狂えば、吐き気、嘔吐がおこります。

めまいを起こす病気

脳、目、耳、首や足腰のどこに病気(またはけが)が起こってもめまいが生じます。病気が急に起こって、その程度がひどければ激しいめまいが起こり、嘔吐を伴うこともあります。病気がゆっくり起こり、程度が軽ければ軽いめまいですみます。

目や耳の病気で起こるめまいは、耳鼻科眼科のページで紹介していただくとして、ここでは、脳の病気や首の病気でおこるめまいを紹介します。

めまいを起こす脳の病気の種類は、脳腫瘍脳卒中など何であっても構いません。特に、小脳脳幹部とその近辺に起こる脳の病気では、めまいは一般的な症状です。

多くは、めまいのほかに、頭痛や片麻痺運動失調を伴いますが、めまいが唯一の症状のことも稀ではありません。また、めまいが初発症状で、時間がたってから片麻痺等の症状が加わってくることがあります。

めまいが唯一の症状であれば、耳の病気で起こるめまいと鑑別することが特に難しく、激しいめまいのため救急車で運ばれて、内耳性めまいと診断された老人の1/4は小脳梗塞であったという研究も発表されています。これらの、脳の病気によるめまいを放置すると、深刻な後遺症を残すことがあります。

首の筋肉や骨などの病気でおこるめまいも、非常に多いめまいで「頚性めまい」と呼びます。頚性めまいは大きく二つに分けられます。一つは、筋肉の異常などによるめまいです。肩こりやむち打ちなどは、頭痛やしびれの原因の代表選手ですが、めまいを伴うこともごく一般的です。このようなめまいは、それ以上の症状が加わる心配はありません。

もう一つの頚性めまいは、首の血管の異常によるめまいで、椎骨脳底動脈血流不全とよばれます。脳に血液を送る動脈(椎骨脳底動脈)は首を通っており、この動脈を骨や筋肉が圧迫したり、動脈硬化で血流が悪くなった場合にもめまいがおこります。これは、同じ頚性めまいでも、脳卒中の前ぶれとも考えられ、脳卒中に準じた治療が必要なこともあります。

めまいの診断と治療

めまいを治療するためには、その原因を突き止める必要があります。めまいの様子を確認するために、様々な平衡機能検査があります。また、脳の病気の有無を調べる方法としては、MRI をはじめ様々な検査があります。特に、MRI と脳血流を調べることによって、将来の脳卒中の発生を予想でき、投薬や手術で脳卒中が予防できる可能性があります。


脳神経外科学 > 先進医療 | 症状と疾患 | 附属病院診療科 | スタッフ紹介 | 関連施設 | その他

nsurgery@med.u-toyama.ac.jp