富山医科薬科大学 - 脳神経外科学 - 第3回日本頚部脳血管治療学会プログラム

JASTNEC

第3回日本頚部脳血管治療学会 抄録 ES-3


第1日目 3月5日(金)

イブニングセミナー (ES): この1例、どう治療するか? 18:30〜21:00

富山全日空ホテル 3F 「鳳(おおとり)の間」
座長:永廣信治(徳島大学 脳神経外科)
坂井信幸(神戸市立中央市民病院 脳神経外科)

ES-3

頚動脈ステント留置後再狭窄例に対し内膜剥離手術(CEA)を施行した1例

Carotid endarterectomy for the case of restenosis after carotid stent treatment of severe internal carotid artery stenosis.

若草第一病院 脳卒中センター 脳神経外科

Stroke Center, Wakakusa Daiichi Hospital

松本勝美、榊三郎、大田信介、青木正典、吉田淳子、下岡直、田口薫

Katsumi Matsumoto, Saburou Sakaki, Shinnsuke Oota, Masanori Aoki, Junnko Yoshida, Kaoru Taguchi

頚動脈ステント留置後短期間で再狭窄をきたし内膜剥離手術(CEA)を施行した1例を経験した。症例は62歳男性。散歩中に突然右上下肢麻痺が出現し当院に搬送さた。NIHSSは19点、脳血管撮影で右内頸動脈閉塞、左内頚動脈99%狭窄と左中大脳動脈閉塞を認め、緊急処置として左内頚動脈にNIR ステント(4mm 径x25mm)、を留置し血栓溶解療法を行った。頚動脈は50%狭窄を残したが特に神経症状なく経過、右側に対してはSTA-MCA吻合術をいった。ステント留置後3週目の脳血管撮影では再狭窄は認めず退院した。5ヵ月後、follow upの脳血管撮影を施行したところ再び95%狭窄を認め、左のCEAを施行した。手術はステントサイズがアンダーサイズであったため摘出は比較的容易であった。組織をみるとステント内側まで繊維細胞が覆い、表面にのみ一部炎症細胞を認めた。アンダーサイズのステントは再狭窄しやすいことが冠動脈で報告されているが、このように拡張不十分な例は繊維性組織の増殖で再狭窄をきたしやすく、早期に再検査とCEAを考慮すべきと思われる。


富山医科薬科大学 - 脳神経外科学 - 第3回日本頚部脳血管治療学会プログラム