富山医科薬科大学 - 脳神経外科学 - 第3回日本頚部脳血管治療学会プログラム

JASTNEC

第3回日本頚部脳血管治療学会 抄録


第1日目 3月5日(金)

口演-1 (O-1): 血管内視鏡 8:45〜9:10 発表5分、討論3分

座長: 根本 繁(虎の門病院 脳血管内治療科)

O-1-1

頸動脈ステント留置術における血管内視鏡の有用性

Efficasy of Fiberoptic Angioscopy for Carotid Artery Stenting

広南病院血管内脳神経外科、東北大学脳血管内治療科*

Department of Neuroendovascular Therapy, Kohnan Hospital
Department of Neuroendovascular Therapy, Tohoku University*

松本康史、江面正幸*、古井英介*、近藤竜史、木村尚人*、高橋明*

Yasushi Matsumoto, Masayuki Ezura*, Eisuke Furui*, Ryushi Kondo, Naoto Kimura*, Akira Takahashi*

【目的】ステント留置術における血管内視鏡の有用性について検討する。
【方法】東北大学脳血管内治療科及び広南病院血管内脳神経外科において、ステント留置術の直後に血管内視鏡検査を行った10例を対象とした。使用した内視鏡はファイバカテーテルAS-003(ファイバーテック社: 外径0.75mm, 焦点深度1-5mm,視野角70°)。全例PercuSurge GuardWire Plus を用いた症例で、通常のステント留置術を終了したのち、GuardWireを再度inflationして、aspiration catheter を通してその先端までファイバカテーテルを誘導、aspiration catheter内を生理食塩水にて高流量で灌流、aspiration catheterを動かすことにより内視鏡検査を行った。
【結果】全例で内頸動脈内面を観察でき、ステントの圧着度やプラークの性状を確認できた。今後の課題として、内頸動脈の再遮断が必要なこと、ファイバカテーテル自体にマーカーのないこと、トルクをかけることができないので全周性の観察が困難なこと、CCAの観察ができないこと、などが挙げられる。
【結論】血管内視鏡は血管内面をダイレクトに見られる点で有用と考えられた。問題点を改善することにより有効性を増すものと思われる。


富山医科薬科大学 - 脳神経外科学 - 第3回日本頚部脳血管治療学会プログラム