富山医科薬科大学 - 脳神経外科学 - 第3回日本頚部脳血管治療学会プログラム

JASTNEC

第3回日本頚部脳血管治療学会 抄録


第1日目 3月5日(金)

口演-1 (O-1): 血管内視鏡 8:45〜9:10 発表5分、討論3分

座長: 根本 繁(虎の門病院 脳血管内治療科)

O-1-2

頚部脳血管狭窄に対するPTA、ステント留置術における血管内視鏡の応用

Intravascular endoscopy during PTA or stenting for the stenosis of the extracranial cerebral arteries.

琉球大学 脳神経外科

Department of Neurosurgery, University of The Ryukyus

兵頭明夫、原國 毅、新垣辰也、金城竜也、金城尚子、久貝宮仁、土田幸広、 杉本耕一、吉井與志彦

Hyodo Akio, Harakuni Tsuyosi, Shingaki Tatsuya, Kinjou Tatsuya, Kinjou Takako, Kugai Miyahito, Tsuchida Yukihiro, Sugimoto Kouichi, Yoshii Yoshihiko

【目的】頚部脳血管狭窄に対するPTA、ステント留置術において血管内視鏡を用いてPTAあるいはステント留置後の状態を観察したので、その有用性と問題点について報告する。
【対象および方法】対象は頸動脈狭窄症あるいは椎骨動脈狭窄症に対しPTA、ステント留置を行った5症例6病変で、頸動脈狭窄5病変、椎骨動脈狭窄1病変である。方法はPTA後あるいはステント留置後に、血管内視鏡 Fiber Catheter AS-003 (FiberTech)をExport Catheter の吸引ルーメン内先端部に留置し、PercuSurge Guardwire Plusのバルーンによる末梢部閉塞下に、血管内視鏡をExport Catheterに留置したままExport CatheterをPTA施行血管あるいはステント留置末梢側から近位部へと移動させて血管内腔を観察した。血液は低分子デキストランあるいは生理食塩水を親カテーテルから持続注入することにより排除し、視野を確保した。
【結果】椎骨動脈に対するPTA後の1例では血管解離の所見が認められたので、血管内視鏡検査後ステント留置を行った。頸動脈ステント留置後の5病変中4病変は良好なステントの密着が確認されたが、1例は表面不整な所見が認められた。
【結論】血管内視鏡は血管内膜表面野肉眼的観察を行える点で有用であるが、視野の確保など解決しなければならない点も多い。


富山医科薬科大学 - 脳神経外科学 - 第3回日本頚部脳血管治療学会プログラム