富山医科薬科大学 - 脳神経外科学 - 第3回日本頚部脳血管治療学会プログラム

JASTNEC

第3回日本頚部脳血管治療学会 抄録


第1日目 3月5日(金)

口演-2 (O-2): 頚動脈ステント 9:10〜10:00 発表5分、討論3分

座長:光藤和明(倉敷中央病院 循環器内科)
瓢子敏夫(中村記念病院 脳血管内外科)

O-2-2

Two route method によるPercusurgeの安全性向上

Two route method for safer carotid stenting with Percusurge guard wire

京都大学脳神経外科

定藤章代、佐藤徹、中澤和智、太田剛史、橋本信夫

Akiyo Sadato, Tetsu Satow, Kazutomo Nakazawa, Tsuyoshi Ohta, Nobuo Hashimoto

distal embolism の防止を目的として、Percusurge を用いたcarotid stentingを行っ ているが、このdevice の問題点として、exchange guide wire としても用いるため、その際はballoon が安定せず血管内で上下に移動しやすいということ、また、filter device と異なり頚動脈の血流が遮断されるのでtolerance の無い症例では間欠的に遮断しなければならないことなどが挙げられる。これらを改善するために、頚動脈に2本のguiding catheter (9Fr, 6Fr)を留置しておいて、stentingとdebris の吸引は9FrのcatheterからPercusurge をguide wire として行い、predilatation とpostdilatationは6Frのcatheter から別のguide wire を用いて行った。このtwo route method では、初めての試みで6分余りの血流遮断でpredilatationからdebiris 吸引までの一連の操作を完了でき、また、balloonの移動は殆ど認められなかった。本法はballoon の移動を最小限にでき、また血流遮断時間を短縮する上で有効と考えられる。


富山医科薬科大学 - 脳神経外科学 - 第3回日本頚部脳血管治療学会プログラム