富山医科薬科大学 - 脳神経外科学 - 第3回日本頚部脳血管治療学会プログラム

JASTNEC

第3回日本頚部脳血管治療学会 抄録


第1日目 3月5日(金)

口演-3 (O-3): 治療困難症例 11:30〜12:20 発表5分、討論3分

座長:永田 泉(長崎大学 脳神経外科)
中原一郎(社会保険小倉記念病院 脳神経外科)

O-3-1

頚部内頚動脈偽閉塞症に対する頚動脈血栓内膜剥離術(3例報告)

Carotid endarterectomy for pseudo-occlusion of the internal carotid artery (Report of three cases)

大阪府立成人病センター脳神経外科

Department of neurosurgery, Osaka medical center for cancer and cardiovascular diseases

福島裕治、中川秀光、田村雅一、真島静、芳村憲泰

Yuji Fukushima, Hidemitsu Nakagawa, Masakazu Tamura, Shizuka Majima, Kazuhiro Yoshimura

【目的】内頚動脈偽閉塞症は、内頚動脈起始部の超高度狭窄病変により、脳血管撮影にて遠位内頚動脈の描出不良を呈し、内頚動脈閉塞との鑑別が困難な病態である。内頚動脈偽閉塞症の3症例に対してCEAを行ったので報告する。【方法】症例は57-72歳の男性3例。いずれも病側の眼虚血症候群により発症し、眼科を通じて当科に紹介となった。脳血管撮影にて病側内頚動脈の閉塞様の所見を認めたが、外頚動脈から眼動脈を介して内頚動脈サイフォン部が造影され、毛細血管相にかけて内頚動脈が眼動脈まで順行性に造影された。以上の所見より高度狭窄によって潅流圧が極端に低下したための偽閉塞症と判断した。脳血流SPECTでは3例ともに病側の脳循環予備能の障害を認めた。【結果】血行再建の方法として、3例ともにCEAを選択した。術前のマタス手技併用脳波にて徐波の出現をみた1例でシャントを用いたが、他2例では用いなかった。内頚動脈の露出後にドプラーを用いて血流が保たれていることを確認し、動脈の切開後に内頚動脈からのback flowを確認した。アテローマの摘出は、通常の狭窄病変と同様に行いえた。【結論】術後の脳血管撮影で3例ともに頚部内頚動脈の良好な拡張を確認した。術後の脳血流SPECTでは病側の血流の改善を認めた。2例において、内頚動脈血流改善後の眼房水産生増加によると思われる眼圧の急激な上昇を認め、注意すべき事柄と考えられた。


富山医科薬科大学 - 脳神経外科学 - 第3回日本頚部脳血管治療学会プログラム