富山医科薬科大学 - 脳神経外科学 - 第3回日本頚部脳血管治療学会プログラム

JASTNEC

第3回日本頚部脳血管治療学会 抄録


第1日目 3月5日(金)

口演-4 (O-4): 診断 16:00〜16:50 発表5分、討論3分

座長:吉川公彦(奈良県立医科大学 放射線科)
由谷親夫(国立循環器病センター 臨床検査部病理)

O-4-2

頚動脈病変におけるプラークの質評価
―3次元CT angiographyとMRIからsoft plaqueを診断する―

Plaque morphology in carotid artery stenosis
- Diagnosis of soft plaque by means of 3D-CT angiography and MRI -

市立函館病院 脳神経外科,病理研究検査科*,放射線科**

Department of Neurosurgery, Department of Pathology* and Department of Radiology**, Hakodate Municipal Hospital

丹羽 潤,橋本祐治,原口浩一,金 相年,下山則彦*,真壁武司**,石丸義之**

Jun NIWA, Yuji HASHIMOTO, Kohichi HARAGUCH, Sonen Kin, Norihiko SHIMOYAMA*, Takeshi MAKABE**, Yoshiyuki ISHIMARU**

[目的]頚動脈狭窄病変の治療に際しては狭窄度と石灰化の局在を診断するだけではなく,プラークの質(plaque densityとplaque heterogeneity)を評価することが重要である.今回3次元CT angiography (3D-CTA)とMRIから頚動脈プラークの質を評価した.[対象と方法]対象は症候性頚動脈狭窄25例と無症候性頚動脈狭窄25例である.3D-CTAは1mm厚のaxial断層像でplaque densityを計測し,CT値からlow density ( <50),iso-density (50-60),high density (60-100)およびhyperdense (1000前後)plaqueの4タイプに分類した.またdensityの均一さからhomogeneous typeとheterogeneous typeに分類した.MRIは3mm厚のaxial画像でhigh intensityとiso-intensity plaqueに分類した.また併せて病理組織所見も検討した.[結果] 1. 症候性のうち18例がlow density,2例がiso-density,5例がhigh densityであった.Heterogeneous typeを11例に認めた.一方無症候性は各タイプが17例,4例,2例、hyperdenseが2例であった.Heterogeneous typeを10例に認めた.2. MRI所見は3DCTA所見とほぼ一致していた.3. 病理組織標本でlow density plaqueはlipid component,iso-density plaqueはfibrous componentで構成されていた.[結論] 1. 3D-CTA,MRI画像からプラークの質を鑑別できる.2. しかし現時点では厚さによるpartial volume effectのため画像所見は必ずしも病理組織所見を十分に反映してはいない。


勝手ながら、機種依存文字を編集させて頂きました。


富山医科薬科大学 - 脳神経外科学 - 第3回日本頚部脳血管治療学会プログラム