富山医科薬科大学 - 脳神経外科学 - 第3回日本頚部脳血管治療学会プログラム

JASTNEC

第3回日本頚部脳血管治療学会 抄録


第1日目 3月6日(土)

口演-6 (O-6): CEA その他 9:05〜10:00 発表5分、討論3分

座長:井上 亨(国立病院九州医療センター 脳神経外科)
兵頭明夫(琉球大学 脳神経外科)

O-6-2

高位頚部頚動脈狭窄の手術での内シャントの工夫

our idea of internal shunt system for high position atheroma plaque

十和田市立中央病院 脳神経外科

畑中光昭、藤井康伸、尾金一民、平野孝幸

MITSUAKI HATANAKA,YASUNOBU HUJII,KAZUMI OGANE, TAKAYUKI HIRANO

目的:CEA時には内シャントを置く方針であるが、高位で狭窄範囲の長い例はシャント設置が困難な場合が多い。自家製チュウブを用いた内シャント設置の工夫を述べたい。方法:1.対象;1.先端の位置が下顎角より高位。2.側副血行路不良例、負荷SPECTで低還流例。2.道具;1自家製の内シャントチューブ:先端から20mm位に印を付けたアトム栄養チューブ2号(ICA側)、三方活栓、エクステンションチューブ2号70cm長の軟らかく、パンピング出来るセット。2.クランパー;ブルドック、中山式、ホプキンスの鉗子、種々サイズの有窓クリップ、サージループ。3.開創器;ヤンゼン、富山式(内頚動脈側)。4.術中血流監視器(TOS)。手順:1.12脳神経より頭側でアテローマ端より5〜10mm抹消まで露出。2.血流遮断後、先ず内頚動脈側のアテロームの剥離、切断し、断端確認してからシャントチューブ挿入、クランプ。その後總頚動脈側にシャントチューブを挿入して内シャントを完成させる。5分間隔でシャントのからの間歇的へパ生注入を行う。5.アテロームの剥離、摘出。遮断縫合時間は5〜10分。6.術中、TOSでの観察。まとめ:バルーン式シャントチューブは高位例では挿入困難でバルーン無しで細く、パンピングできる長いチューブを工夫した。長い可動性のチューブはアテローム除去、縫合の操作に有役であった。クランパーの工夫をした。


富山医科薬科大学 - 脳神経外科学 - 第3回日本頚部脳血管治療学会プログラム