富山医科薬科大学 - 脳神経外科学 - 第3回日本頚部脳血管治療学会プログラム

JASTNEC

第3回日本頚部脳血管治療学会 抄録


第2日目 3月6日(土)

口演-6 (O-6): CEA その他 9:05〜10:00 発表5分、討論3分

座長:井上 亨(国立病院九州医療センター 脳神経外科)
兵頭明夫(琉球大学 脳神経外科)

O-6-6

頚部脳血管閉塞性病変に対する人工血管を用いた血行再建術

Reconstructive surgery using Dacron or Gore-tex for occlusive cervical carotid artery

東京女子医科大学脳神経外科

岡田芳和、川島明次、川俣貴一、酒向正春、岡見修哉、堀智勝

Okada Yoshikazu, Kawashima Akitsugu, Kawamata Takakazu, Okami Nobuya , Hori Tomokatsu

アテロマタスプラークによる頸動脈狭窄病変に対するCEAやSTA-MCAバイパス術以外の病変に対する治療指針は極めて乏しい状況である。大動脈炎症候群や外傷による頚部頸動脈の閉塞性病変、鎖骨下動脈閉塞性病変に対する人工血管を用いた血行再建術を報告する。外傷性頸動脈閉塞性病変5例、大動脈炎症候群による総頸動脈閉塞性病変5例、腕頭動脈鎖骨下動脈閉塞6例に対し、人工血管(Dacron, Gore-tex)を用いた血行再建を行った。いずれの症例も片麻痺やめまい発作など脳虚血症状を認めた症例である。外傷性頸動脈閉塞性病変例では総頸動脈間や内頸動脈と鎖骨下動脈間を人工血管Dacron (径5−8mm)、Gore-tex(リング付径5−6mm)で血行再建した。大動脈炎症候群では鎖骨下動脈と内頸動脈間をGore-tex(リング付径5mm)を用いて血行再建を行った。腕頭動脈、鎖骨下動脈閉塞6例では腋窩動脈-総頸動脈間またわ腋窩動脈―腋窩動脈間をDacron(径6mm)またはGore-tex(リング付径5−6mm)で血行再建した。術後全例人工血管によるバイパスの開存を確認し、症状の改善消失を認めた。
以上よりこのような疾患群に対する人工血管を用いた血行再建の有効性が推察された。


富山医科薬科大学 - 脳神経外科学 - 第3回日本頚部脳血管治療学会プログラム