富山医科薬科大学 - 脳神経外科学 - 第3回日本頚部脳血管治療学会プログラム

JASTNEC

第3回日本頚部脳血管治療学会 抄録


第1日目 3月5日(金)

ポスター-1 (P-1) 13:30〜13:55 発表3分、討論2分

座長: 村尾健一(国立循環器病センター 脳神経外科)

P-1-3

PurcuSurge Guardewire が通過不能であった高度頸動脈狭窄症に対するステント留置術:2 症例の経験

Two cases of carotid artery stenting: difficulty with the PurcuSurge Guardewire challenge

順天堂大学 脳神経外科・放射線科*

Department of Neurosurgery and Radiology*, Juntendo university, School of medicine, Tokyo, Japan

大石英則、堀中直明、尾崎裕*、吉田賢作、新井一、前原忠行*

Hidenori Oishi, Naoaki Horinaka, Yutaka Ozaki*, Kensaku Yoshida, Hajime Arai, Tadayuki Maehara*

【症例・手技】供覧症例は 2 例で、いずれも一過性脳虚血発作で発症した。2 例とも左内頸動脈起始部に高度狭窄を認め、ステント留置術の際に PurcuSurge Guardewire が狭窄部を通過できなかった。そこで Prowler 14 と GT wire 0.016" double angle を同軸にして狭窄部を通過せしめると、その lumen を通じて PurcuSurge Guardewire は容易に狭窄部を通過し、プロテクションが可能となった。その後は通常の手技でステント留置術を施行し十分な拡張が得られた。1 例に術後 diffusion image で distal embolism を示唆する所見が認められたが、2 例とも新たなる神経学的脱落症候なく独歩退院した。【考察】頸動脈狭窄症において狭窄が著しく高度な場合、PurcuSurge Guardewire が通過できない事がある。この場合、より細いワイヤーやマイクロカテーテルを用いて lumen を確保せざるおえないが、この手技中には遠位塞栓に対するプロテクションはできない点が問題である。今後、プロキシマルオクルージョンバルーンによるプロテクションシステムが使用可能となれば、供覧症例のような場合でも、完全なプロテクションが可能となることが期待される。


富山医科薬科大学 - 脳神経外科学 - 第3回日本頚部脳血管治療学会プログラム