富山医科薬科大学 - 脳神経外科学 - 第3回日本頚部脳血管治療学会プログラム

JASTNEC

第3回日本頚部脳血管治療学会 抄録


第1日目 3月5日(金)

ポスター-1 (P-1) 13:30〜13:55 発表3分、討論2分

座長: 村尾健一(国立循環器病センター 脳神経外科)

P-1-4

頸動脈ステント留置術におけるガイディングカテーテル留置困難例に対する工夫

Tips for placement of a guiding catheter in patients with carotid stenosis
-A technical note for interventional radiology-

千葉大学脳神経外科

松浦 威一郎、小林 英一、内野 福生、山浦 晶

Iichiro Matsuura, Eiichi Kobayashi, Yoshio Uchino, Akira Yamaura

頸動脈ステント留置術の対象患者は、動脈硬化の進行した高齢者に多く、大口径ガイディングカテーテルまたはロングシース(親カテ)の誘導・留置に際し、困難を伴う場合が少なくない。親カテ留置困難例に対する工夫について、症例を呈示しつつ報告する。【症例1】ステント留置の為、右総頚動脈への親カテ挿入を試みた。蛇行が強く通常の方法では困難であり、4Fシモンズ型カテーテルでカニュレーション後に、ハードタイプのガイドワイヤ−を2回入れ替え、ロングシースを挿入し得た。【症例2】左総頸動脈が右腕頭動脈と共通幹になっていた。最初経大腿動脈経由にアプローチしたが、不可にて、右上腕動脈経由でステント留置を施行しえた。【症例3】9Fガイディングカテーテルの先端を形成し、動脈起始部に深くカニュレーションしたうえで、子カテを充分遠位まで誘導し、追従しえた。【症例4】ステント留置の為左総頚動脈への9Fカテーテルの挿入を試みたが、上記のいずれの方法にても不可能で、カテーテルが大動脈弓へ脱落してしまう為、試作しておいた4F.+6F+9Fカテーテルの“triple coaxial”カテーテルを用い、徐々に硬度を上げ直線化を図ることで挿入し得た。【結論】ガイディングカテーテル挿入困難例においては、様々な工夫が必要で、中でも“triple coaxial”カテーテル法は、aortic branchの急角度/低位分岐例への安全な親カテ留置に有用であった。


富山医科薬科大学 - 脳神経外科学 - 第3回日本頚部脳血管治療学会プログラム