富山医科薬科大学 - 脳神経外科学 - 第3回日本頚部脳血管治療学会プログラム

JASTNEC

第3回日本頚部脳血管治療学会 抄録


第1日目 3月5日(金)

ポスター-2 (P-2) 13:30〜14:00 発表3分、討論2分

座長: 長束一行(国立循環器病センター 脳血管内科)

P-2-4

内頚動脈内膜剥離術の術前バルーンマタスの評価

Consideration of preoperative balloon test occlusion in patients with ICA stenosis

市立島田市民病院 脳神経外科

村田敬二 川上太一郎 寺川雄三 中村一仁 阪口正和

Keiji Murata

我々の施設では、頚部内頚動脈狭窄病変に対しては、原則として内頚動脈内膜剥離術(CEA)を行い、術前に術中虚血の評価として、single balloon catheter を用いたマタステストを行ってきた。モニターは脳波で行い、stump pressure、臨床症状を参考とし、tolerableと判断された症例には内シャントを用いたCEAを、intolerable と判断された症例には bypass surgery+CEAもしくはステント留置を実施している。しかし今回、対側にステント留置を行い術前評価で tolerable と判定された症例で、CEA術中虚血によると考えられた虚血合併症を経験した。そこで今回CEA術前のballoon test occlusionの意味と方法、さらには治療法の選択について考察する。


富山医科薬科大学 - 脳神経外科学 - 第3回日本頚部脳血管治療学会プログラム