富山医科薬科大学 - 脳神経外科学 - 第3回日本頚部脳血管治療学会プログラム

JASTNEC

第3回日本頚部脳血管治療学会 抄録


第1日目 3月5日(金)

ポスター-2 (P-2) 13:30〜14:00 発表3分、討論2分

座長: 長束一行(国立循環器病センター 脳血管内科)

P-2-5

頚部内頚動脈狭窄症に対する頚動脈ステント留置術

Carotid stenting for carotid stenosis

鳥取大学脳神経外科

Department of Neurosurgery, Institute of Neurological Sciences, Faculty of Medicine, Tottori University

瀧川晴夫、坂本 誠、竹信敦充、横田正幸、紙谷秀規、渡辺高志

Haruo Takigawa, Makoto Sakamoto, Atsumi Takenobu, Masayuki Yokota, Hideki Kamitani, Takashi Watanabe

【目的】最近、頚動脈ステント留置術は頚部内頚動脈狭窄症に対する治療のオプションとして多くの施設で行われるようになってきている。我々も頚動脈ステント留置術で治療した4例を経験したので報告する。
【対象】両側頚部内頚動脈狭窄症を伴う4症例で全て男性であった。年齢は59歳〜75歳 (平均70.2歳)。
【方法および結果】 ステントはSmart stentを用いた。最初の2例は前拡張後にステントを留置してカネカのナビバルーンによる後拡張のみプロテクトした。後の2例はPURCUSURGEを用いてプロテクトした後、前拡張後にステント留置した。後拡張は必要ないと思われたので行わなかった。2例で術後低血圧があったが軽快した。PURCUSURGEを用いた1例でHITZをモニターしたが、PURCUSURGEを用いても22個のEMBOLIが認められた。しかし、全例で神経学的に悪化せず経過良好である。
【結語】頚動脈ステント留置術はCEAの困難な症例では少ないリスクで施行可能な症例があると思われた。今後、頚動脈ステント留置術の手術適応や長期成績および脳梗塞予防効果に対して検討が必要と思われる。


富山医科薬科大学 - 脳神経外科学 - 第3回日本頚部脳血管治療学会プログラム