富山医科薬科大学 - 脳神経外科学 - 第3回日本頚部脳血管治療学会プログラム

JASTNEC

第3回日本頚部脳血管治療学会 抄録


第1日目 3月5日(金)

ポスター-2 (P-2) 14:00〜14:30 発表3分、討論2分

座長: 岡田芳和(東京女子医科大学 脳神経外科)

P-2-7

頭蓋外多発性閉塞性病変を伴ったCEA症例

CEA in patients with extracranial multiple occlusive lesions

東京女子医科大学脳神経外科

Department of Neurosurgery, Neurological Institute, Tokyo Women's Medical University, Tokyo, Japan

川島明次、岡田芳和、川俣貴一、堀 智勝

Akitsugu Kawashima, Yoshikazu Okada, Takakazu Kawamata, Tomokatsu Hori

【はじめに】頭蓋外多発性閉塞性病変を伴ったCEA症例を1. 両側頸動脈狭窄例、2. 対側頸動脈閉塞合併例、3. 外頸動脈狭窄を合併するSTA-MCA bypass症例、4. 両側椎骨動脈閉塞合併例、に分類し、それぞれ検討した。
【方法】当施設では以下のstrategyでCEAを行っている。1. 両側頸動脈狭窄例に対してはsymptomatic sideまたは高度狭搾側を先にCEAを行う。2. 対側閉塞例に対しては、CEAに先立って閉塞側のbypass術を行う。3. 内頸動脈閉塞に対してSTA-MCA bypassの適応がある際、外頸動脈狭搾を合併している場合は外頸動脈のCEAを先に行う。4. 両側椎骨動脈閉塞合併例にはPcomのbasilar arteryへのdominant sideを考慮し、適応を決定する。
【結果】2000年12月から2003年12月まで、等施設において1. 両側頸動脈狭窄例;8例、2. 対側閉塞例;4例、3. 外頸動脈のCEA;3例、4. 両側椎骨動脈閉塞合併例;1例、それぞれ行ったが、いずれも退院時症状悪化例ない。
【まとめ】他血管病変を合併する頸動脈病変に対する血行再建は、手術適応、術式、複数回手術を行う場合は施行する順序等、判断に迷うことが少なくない。症状、血行動態をよく考慮し、慎重に手術適応、術式等を決定しなければならない。


勝手ながら、機種依存文字を編集させて頂きました。


富山医科薬科大学 - 脳神経外科学 - 第3回日本頚部脳血管治療学会プログラム