富山医科薬科大学 - 脳神経外科学 - 第3回日本頚部脳血管治療学会プログラム

JASTNEC

第3回日本頚部脳血管治療学会 抄録


第1日目 3月5日(金)

ポスター-2 (P-2) 14:00〜14:30 発表3分、討論2分

座長: 岡田芳和(東京女子医科大学 脳神経外科)

P-2-9

両側頚部内頚動脈狭窄および対側閉塞症例に対するステント留置術の経験

CAS for bilateral cervical IC stenosis and for a cervical IC stenosis with contralateral IC obstruction

岡崎市民病院 放射線科1、同 脳神経外科2、同 神経内科3、国立療養所豊橋東病院 脳神経外科4、知多更生病院 脳神経外科5、豊川市民病院 脳神経外科6

渡辺賢一(1)、錦古里武志(2)、井上紀樹(2)、川頭祐一(3)、高御堂弘(3)、酒井秀樹(4)、中塚雅雄(5)、松本 隆(6)、日向崇教(6)

Kenichi Watanabe, Takeshi Kinkori, Toshiki Inoue, Yuichi Kawagashira, Hiromu Takamido, Hideki Sakai, Masao Nakatsuka, Takashi Matsumoto, Takanori Hyuga

冠動脈狭窄を合併した両側頚部内頚動脈(IC)高度狭窄の2症例、対側閉塞のIC狭窄の1症例に対してステント留置術(CAS)を施行した。ステントはSMARTerを使用した。【症例1】65歳女性 右手足のしびれを主訴として来院。境界領域に小梗塞が見られた。1ヶ月後に狭心症発作から意識混濁、右片麻痺を呈した。MRAで両側ICの高度狭窄が認められた。冠動脈造影により冠動脈主幹に狭窄がありCABGの適応となった。バイパス術前に左ICにCASを行うこととした。ナビバルーン下に後拡張を行ったところ血圧低下を来たしIABPが挿入された。翌日urgent CABGが施行された。3ヶ月後に右IC狭窄に対してCASを行った。【症例2】58歳男性 講音障害で受診。MRI/MRAで左側頭後頭葉に脳梗塞、両側IC狭窄が認められた。脳梗塞に対する加療入院中のTMTが陽性であった。2ヶ月後の血管造影で両側IC狭窄、冠動脈狭窄が明らかとなったため、左IC狭窄に対してCASを行った。4ヶ月後に右ICにCASを行った。両側とも術後には血圧低下が遷延した。【症例3】70歳男性 喉頭腫瘍で放射線治療が行われている。経過観察中に右IC閉塞と左IC狭窄が認められた。左狭窄に対してCASを行った。試験閉塞で即時の意識消失が見られたため、脳保護剤を投与しつつ静脈麻酔により手技を進めた。閉塞時間は10分以内であった。覚醒は良好で神経症状の発現は見られなかった。【まとめ】high risk症例に対して神経症候の発現を来たすことなくCASを行うことができたが、術中術後の管理の重要性を認識した。


富山医科薬科大学 - 脳神経外科学 - 第3回日本頚部脳血管治療学会プログラム