富山医科薬科大学 - 脳神経外科学 - 第3回日本頚部脳血管治療学会プログラム

JASTNEC

第3回日本頚部脳血管治療学会 抄録


第1日目 3月5日(金)

シンポジウム-1 (S-1): 過灌流症候群 10:00〜11:30 発表8分、討論2分、総合討論30分

座長:山田和雄(名古屋市立大学 脳神経外科)
鈴木倫保(山口大学 脳神経外科)

S-1-2

頚動脈内膜剥離術後の過灌流の予知と対策

Hyperperfusion after carotid endarterectomy

岩手医科大学脳神経外科

Department of Neurosurgery, Iwate Medical University, Morioka

小笠原邦昭、小川 彰

Kuniaki Ogasawara

過灌流症候群(HPS)は頚動脈内膜剥離術(CEA)術後合併症の一つで、希ではあるが、予後不良とされている。本症の病態と対策の要点は以下の通りである。1)CEA直後には10%前後の症例で手術側に過灌流(HP)が出現する。このHPは多くの場合、数日以内に消失し症状をだすことはない。一方、希にHPが遷延あるいは悪化することがあり、この状態が数日続くと症候が出現する。2)術前の病側大脳半球のdiamox反応性が低下している場合は、約2/3の症例でHPが出現する。3)HPSに対しては、人為的低血圧及びbarbiturate comaを行うが、無症候性HPの早期から低血圧療法を行えば致命的な脳内出血の出現を予防できる。ただし、頚動脈狭窄をもつ患者は他部位に動脈硬化性病変を合併していることが多く、低血圧はこれらの悪化をきたす場合がある。脳血流のモニターを行いつつ、血圧のコントロールを行うべきである。


富山医科薬科大学 - 脳神経外科学 - 第3回日本頚部脳血管治療学会プログラム