富山医科薬科大学 - 脳神経外科学 - 第3回日本頚部脳血管治療学会プログラム

JASTNEC

第3回日本頚部脳血管治療学会 抄録


第1日目 3月5日(金)

シンポジウム-1 (S-1): 過灌流症候群 10:00〜11:30 発表8分、討論2分、総合討論30分

座長:山田和雄(名古屋市立大学 脳神経外科)
鈴木倫保(山口大学 脳神経外科)

S-1-4

頸動脈内膜剥離術後の過潅流症候群予測における術中局所脳組織酸素飽和度モニターの有用性

The prediction of hyperperfusion syndrome using the regional cerebral tissue oxygen saturation monitoring during Carotid Endarterectomy

愛媛大学医学部脳神経外科

渡邉英昭、久門良明、福本真也、大上史朗、大西丘倫

Hideaki Watanabe, Yoshiaki Kumon, Shinya Fukumoto, Shiroh Ohue, Takanori Onishi.

【目的】頸動脈内膜剥離術(CEA)後の重篤な合併症として過潅流症候群(Hyperperfusion syndrome: HS)が知られている。HS出現症例では術後早期より的確な術後管理が必要であり、早期よりHSの診断が必要とされている。今回我々は術中脳組織酸素飽和度(rSO2)モニターにてHS出現の予測が可能かどうかについて検討した。【方法】2001年以降に施行したCEA症例中術中rSO2モニターを施行した26症例26側(平均年齢:68歳、平均狭窄率:80%、術前CBF黒田分類type1: 8例、type2: 9例、type3:9例)において術中rSO2の変化と過潅流症候群の関連について検討した。rSO2はINVOS3100Aにて測定し、病側/非病側の比(i/c ratio)を算出し検討した。【結果】HSは4例で認め、全例術前CBFは黒田分類にてtype3であり、狭窄率が90%以上の高度狭窄例であった。年齢、内頚動脈遮断時間、EEG、SSEP変化、無症候性脳塞栓出現率にはHS群と非HS群間で有意差は認めなかった。rSO2変化では、HS症例では全例で内頸動脈遮断解除後5分以内の早期からi/c ratioが1以上に上昇していた。非HS群でこの様なrSO2変化を認めた症例は2例のみであり、sensitivity:100%, specificity 67%であった。【結論】術前CBF状態が黒田分類type 3かつ高度狭窄症例はHSの危険因子のひとつであると思われた。術中rSO2モニターはHSの予測に有用と思われた。


富山医科薬科大学 - 脳神経外科学 - 第3回日本頚部脳血管治療学会プログラム