富山医科薬科大学 - 脳神経外科学 - 第3回日本頚部脳血管治療学会プログラム

JASTNEC

第3回日本頚部脳血管治療学会 抄録


第1日目 3月5日(金)

シンポジウム-1 (S-1): 過灌流症候群 10:00〜11:30 発表8分、討論2分、総合討論30分

座長:山田和雄(名古屋市立大学 脳神経外科)
鈴木倫保(山口大学 脳神経外科)

S-1-5

多チャンネル近赤外分光装置を用いた CEA 術中の脳循環代謝モニタリング

Cerebral blood flow and metabolism during carotid endarterectomy evaluated using multi-channel near infra-red spectroscopy

日本大学医学部脳神経外科学講座

Department of Neurological Surgery, Nihon University School of Medicine

加納恒男、藤原徳生、四條克倫、星野達哉、村田佳宏、酒谷 薫、平山晃康、片山容一

Tsuneo Kano, Norio Fujiwara, Katsunori Shijyo, Tatsuya Hoshino, Yoshihiro Murata, Kaoru Sakatani, Teruyasu Hirayama, Yoichi Katayama

【目的】我々は頚動脈内膜切除術(carotid endarterectomy: CEA)の頚動脈血流遮断にともなう脳虚血を検出するために、近赤外分光法(near infra-red spectroscopy: NIRS)による脳局所酸素飽和度(regional oxygen saturation: rSO2)の測定を行ってきた。しかし rSO2 は測定部位が一カ所に限られるため、頚動脈血流遮断時に血流が最も低下する watershed の血流変化は検出できない。我々は最近の CEA 症例に対してマルチチャンネルNIRS(島津製作所社製 OMM-2001)を用い、血流遮断側の大脳半球 24 カ所における血流変化を検討した。【代表症例】hemodynamic TIA にて発症した59 歳、男性。内頚動脈の clamp 後、脳波ならびに中大脳動脈領域の rSO2 には変化は生じなかった。一方マルチチャンネルNIRSでは、clamp 後に前大脳動脈と中大脳動脈との watershed において Oxy-Hb の低下、Deoxy-Hb の上昇を示し、watershed における脳血流低下が検出された。【結語】マルチチャンネルNIRSにより血流遮断側大脳半球における虚血中心部のみならず watershed における血流評価が可能である。今後 NIRS が定量評価できるようになれば内シャント留置の適応を決める上でも有用である。


富山医科薬科大学 - 脳神経外科学 - 第3回日本頚部脳血管治療学会プログラム