富山医科薬科大学 - 脳神経外科学 - 第3回日本頚部脳血管治療学会プログラム

JASTNEC

第3回日本頚部脳血管治療学会 抄録


第1日目 3月5日(金)

シンポジウム-1 (S-1): 過灌流症候群 10:00〜11:30 発表8分、討論2分、総合討論30分

座長:山田和雄(名古屋市立大学 脳神経外科)
鈴木倫保(山口大学 脳神経外科)

S-1-6

CEA/CAS後の過灌流症候群

国立病院九州医療センター 脳血管センター 脳神経外科、脳血管内科

井上 亨、藤本 茂、岡田 靖

【はじめに】過灌流症候群は CEA後の重篤な合併症のひとつで、頭痛・痙攣・一過性局所脳神経症候・頭蓋内出血などを主徴とする。その発症頻度は比較的低いが、頭蓋内出血例では致死的である。従って、CEA術後には厳重な脳循環動態の観察が要求される。
【対象および方法】2001年9月以降に当脳血管センターでCEAを施行した連続100例において、経頭蓋カラードプラ(TCDS)、SPECTによる術後モニタリングを行った。術前術後の検査は脳血管内科で行い、CEAの適応基準はAHAのガイドラインを基に原則としてNASCETstudyに従った。CEAは手術顕微鏡下に施行した。術中は、内腔虚脱症例以外は全例で内シャントを挿入した。CEA終了後、人工呼吸管理下でpropofol持続点滴静注による鎮静を翌朝まで続け、厳重な血圧管理を行った。
【結果および結論】術中に明らかな合併症はみられなかった。翌朝鎮静を中止後、3名(3%)に痙攣発作がみられ、9名(10%)に見当識障害や著明な不穏言動を伴う意識障害がみられた。これらの症候はすべて術後4日以内に生じた。過灌流症候群を呈した12例全例で、最大MCA平均血流速度比(術後/術前)は1.5以上となり、9例(75%)で2.0以上であった。術後にpropofolによる鎮静を継続することで、厳重な血圧管理が容易となり良好な結果が得られたものと考える。


富山医科薬科大学 - 脳神経外科学 - 第3回日本頚部脳血管治療学会プログラム