富山医科薬科大学 - 脳神経外科学 - 第3回日本頚部脳血管治療学会プログラム

JASTNEC

第3回日本頚部脳血管治療学会 抄録


第1日目 3月5日(金)

シンポジウム-2 (S-2): 心合併症 14:45〜16:00 発表8分、討論2分、総合討論20分

座長:小林祥泰(島根医科大学 第三内科)
小川 彰(岩手医科大学 脳神経外科)

S-2-2

冠・大動脈疾患を合併した内頚動脈狭窄症に対するステント留置術

Stent angioplasty for carotid stenosis with coronary and aortic disease

金沢大学大学院医学系研究科 脳機能制御学、金沢大学大学院医学系研究科 経血管診療学 *、金沢大学大学院医学系研究科 心肺病態制御学 **

岡本禎一、木多真也、山下純宏、真田順一郎*、松井 修*、渡辺 剛**

OKAMOTO YOSHIKAZU, KIDA SHINYA, YAMASHITA JUNKHO, SANADA JUNICHROU*, MATSUI OSAMU*, WATANABE GOU**

冠・大動脈疾患を合併した内頚動脈狭窄症は、ステントの適応と考えられるが、ステント留置と心臓血管手術の順序についてはいまだ議論がある。我々は、同様の症例に対し、心臓血管手術に先行しステント留置を行っている。【症例】虚血性心疾患3例、腹部大動脈瘤1例。ステント留置部位は頚部内頚動脈4(distal protection使用)、錐体骨部内頚動脈1、椎骨動脈1。ステント拡張時の徐脈に備え体外ペーシングを準備した。腎機能低下の2例では、ステント術前よりhydrationを行い造影剤使用量は100ml以下とした。虚血性心疾患には心拍動下冠動脈バイパス術、大動脈瘤にはYグラフト置換術が施行された。【結果】狭窄率はステント前73.4%から後14.6%に改善し、全例においてステント留置に伴う合併症は認めなかった。体外ペーシングを必要とした症例はなかった。ステント留置から心臓血管手術までは平均44日であり、術前7日間は抗血小板薬を中止し、ヘパリンを使用した。手術中の収縮期血の最低は平均667mmHgであった。全例において心臓血管手術後、神経症状の悪化、新たな脳梗塞の出現は認めなかった。【結語】冠・大動脈疾患を合併した内頚動脈狭窄症に対し、ステント留置を心臓血管手術に先行施行することは、手術中に血圧低下が生じた場合の脳血流確保のために意義があると思われる。しかし、ステント・心臓血管手術の両周術期において、より慎重な管理が必要である。


富山医科薬科大学 - 脳神経外科学 - 第3回日本頚部脳血管治療学会プログラム