第16回日本神経内視鏡学会 抄録
The 16th Annual Meeting of the Japanese Society for Neuroendoscopy

前の演題 次の演題

第1日目、12月4日(金)A 会場(3階 メインホール)17:30〜18:30

実物展示: 新しい手術機器の開発

座長: 名取良弘

1A-EX-2

経鼻内視鏡頭蓋底手術における経鼻用超音波手術装置
Ultrasonic aspiration system in endoscopic endonasal cranial base surgery

南田善弘 (MINAMIDA Yoshihiro)、鰐渕昌彦、寶金清博

札幌医科大学 医学部 脳神経外科

【目的】経鼻内視鏡手術が普及しつつある。下垂体腫瘍の治療のみならず斜台部病変などの頭蓋底病変にも適応が拡大しつつあるが、効率良く病変を摘出するためにはdebulking toolとして超音波手術装置が必要でる。経鼻手術に応用するためには細径のプローブが必要であるが、経鼻手術用に新たに開発されたCUSAのプローを使用する経験を得たので報告する。【方法】経鼻内視鏡手術5例においてCUSA(アムコ社製)の経鼻手術用細径マイクロチッププローブ(先端部直径1.57mm)を使用した。対象症例は頭蓋底原発で鼻腔内に進展した髄膜腫、脊索腫である。両側鼻孔からのアプローチを原則とした。吸引器と腫瘍鉗子での減圧を基本として、吸引できないものをマイクロチッププローブで破壊と吸引によりdebulkingした。【結果】CUSAの経鼻内視鏡用プローブは充分に細径で全例において蝶形骨洞内、斜台部、上顎洞内の病変に関して到達可能で,破壊と吸引により容易に病変をdebulkingできた。長時間使用では発熱に注意する必要があると思われた。経鼻内視鏡手術では一般的に先端が屈曲したツールが使いやすいが、プローブは直線であり使用範囲を拡大するための工夫が必要であった。【結語】新たに開発されたCUSAの経鼻内視鏡手術用細径マイクロチッププローブは、吸引管ではdebulkingできない病変の治療に有用であった。今後、さらに有効活用したい。

Home ご案内 日程表 プログラム 1日目 プログラム 2日目