第16回日本神経内視鏡学会 抄録
The 16th Annual Meeting of the Japanese Society for Neuroendoscopy

前の演題 次の演題

第1日目、12月4日(金)A 会場(3階 メインホール) 8:30〜9:30

パネルディスカッション 1: 内視鏡治療における新しい技術・手技の導入

座長: 加藤天美、藤井幸彦

1A-PD1-3

3T-MRI 仮想神経内視鏡による術前シミュレーションの経験
Experience of 3T-MRI virturalized neuroendoscopy

鈴木隆元 (SUZUKI Takamoto)、藤井和也、南村鎌三、大角篤司、大谷直樹、長田秀夫、都築伸介、苗代弘、島 克司

防衛医科大学校 脳神経外科

【目的】仮想神経内視鏡は術前画像を基に三次元仮想化画像を作成するとともに、軟性神経内視鏡を用いた術前シミュレーションを行なうものである。当院での3T-MRIを用いた仮想神経内視鏡の使用経験について検討した。【方法】3T-MRI撮像は、フィリップス社製 Achieva 3.0T-MRI 造影T1及び T2画像撮影を行い、脳室系を中心にZIO Stationで3次元画像を合成。術前に神経内視鏡の挿入経路及び脳室を描出した。同時に神経内視鏡手術シミュレーション用動画を作成している。それらの画像を基にして軟性神経内視鏡を用いた脳室内腫瘍生検及び第三脳室開窓術を行っている。また術中画像とシミュレーション画像とを比較検討した。【結果】軟性神経内視鏡手術が適応となる閉塞性水頭症、脳室内腫瘍および松果体部腫瘍の症例としている。術前シミュレーションで任意の位置から脳室内を観察することができ、内視鏡に不慣れな医師も容易に実際のサージカルビューと同様の画像を作成確認することができた。【考察】神経内視鏡術前シミュレーションは、安全確実な神経内視鏡に役立つものと思われ、更に術者のみならず神経内視鏡技術認定前の医師の教育にも役立つものと思われた。また3次元画像合成ソフトの発展により更に詳細な術前シミュレーションが可能になると思われる。

Home ご案内 日程表 プログラム 1日目 プログラム 2日目