第16回日本神経内視鏡学会 抄録
The 16th Annual Meeting of the Japanese Society for Neuroendoscopy

前の演題 次の演題

第1日目、12月4日(金)A 会場(3階 メインホール) 8:30〜9:30

パネルディスカッション 1: 内視鏡治療における新しい技術・手技の導入

座長: 加藤天美、藤井幸彦

1A-PD1-4

経鼻内視鏡的蝶形骨洞手術を念頭においた3D-CTとMRのfusion画像
Fusion images of 3D-CT and MR for endonasal endoscopic transsphenoidal surgery

鰐渕昌彦 (WANIBUCHI Masahiko)、平野 透 1、熊谷亜希子 1、鈴木健吾、南田善弘、寶金清博

札幌医科大学 医学部 脳神経外科、札幌医科大学付属病院 放射線部 1

【はじめに】前庭神経鞘腫の術前評価にはthree dimentional computed tomography (3D-CT)とmagnetic resonance (MR) imagingのfusion画像が有用で,脳槽から側頭骨内構造物の描出に優れていると報告されている.今回,経鼻内視鏡下の経蝶形骨洞手術において,手術で見えるイメージを術前に再現するため,トルコ鞍底とその周辺構造物の透見画像作成を試みた.【方法】3D-CTとMR画像をfusionさせ,実際の内視鏡での視野角と同じ画像を作成した.手術での指標のひとつとなる蝶形骨洞内の中隔を,トルコ鞍底付着部のみ残すように工夫した.また,内頸動脈隆起の見え方,内頸動脈や視神経の走行に注目して,それらがわかるような透見画像を作成した.【結果】実際の手術野と同じイメージが得られた.中隔のトルコ鞍底付着部のイメージは内頸動脈の位置確認に有用であった.さらに透見画像を作成することにより,内頸動脈隆起の程度,内頸動脈や視神経の走行が実際にみているかのようにイメージすることができた. 【結語】fusion画像は手術イメージを得る上で有用であった.

Home ご案内 日程表 プログラム 1日目 プログラム 2日目