第16回日本神経内視鏡学会 抄録
The 16th Annual Meeting of the Japanese Society for Neuroendoscopy

前の演題 次の演題

第1日目、12月4日(金)A 会場(3階 メインホール) 15:00〜16:00

パネルディスカッション 2: 経鼻的内視鏡手術: 新しい手術アプローチとトレーニング

座長: 木内博之、齋藤 清

1A-PD2-2

内視鏡下経鼻的頭蓋底手術 - 鼻中隔粘膜弁による頭蓋底形成術を中心に -
Endoscopic endonasal skullbase surgery - Reconstruction using a nasal septal flap -

堀口健太郎 (HORIGUCHI Kentaro)、佐伯直勝、長谷川祐三、花澤豊行1、角南兼朗 2、村井尚之

千葉大学 医学研究院 脳神経外科学、千葉大学 医学研究院 脳神経外科学 1、JFE川鉄千葉病院 脳神経外科 2

はじめに
 近年の神経内視鏡手術手技、機器の進歩により、前頭蓋底から傍鞍部腫瘍に対しても内視鏡下に頭蓋底硬膜を開放して、頭蓋内操作を行うことが可能となった。その際、大きな問題となるのは術後の髄液漏である。我々も最近の内視鏡下経鼻的頭蓋底手術における頭蓋底再建法は鼻中隔粘膜、遊離脂肪、サイナスバルーンを用いて確実に行い、腰椎ドレナージを設置しない方針としている。今回は蝶形口蓋動脈の分枝である中隔後鼻枝を栄養動脈とした有茎の鼻中隔粘膜弁作成及び遊離脂肪留置、サイナスバルーンを用いた我々の再建手技を示し、現時点での術後髄液漏の成績を提示する。
対象
 2008年11月から2009年7月に当科及び関連施設にて粘膜弁を用いた頭蓋底再建を要した連続19症例を対象とした。男性12例、女性7例、年齢は26-78歳(平均年齢:61±15歳)、1例は粘膜弁作製が不成功に終わったため、除外例とした。
結果
 術後髄液漏を呈したのは2例であり、2例とも頭蓋咽頭腫であり、第三脳室まで進展していた。全体として11.1%(2/18)であり、くも膜内操作を行なった郡においては15.3%(2/13)であった。髄液漏を呈した1例はルンバールドレナージを挿入し、もう1例はルンバールドレナージを行なわず、両例共に外来にて粘膜弁の上よりフィブリン糊を撒布し、ガーゼパッキングを追加することで、再手術なく、髄液漏は完治した。
結語
 鼻中隔粘膜弁、遊離脂肪弁、サイナスバルーンを用いた我々の再建方法を報告した。本法は内視鏡下頭蓋底手術の再建法として有用と考えられた。この鼻中隔粘膜弁作成においては通常の顕微鏡手術では困難であり、スペキュラを必要としない内視鏡手術でのみ可能となる。

Home ご案内 日程表 プログラム 1日目 プログラム 2日目