第16回日本神経内視鏡学会 抄録
The 16th Annual Meeting of the Japanese Society for Neuroendoscopy

前の演題 次の演題

第1日目、12月4日(金)A 会場(3階 メインホール) 15:00〜16:00

パネルディスカッション 2: 経鼻的内視鏡手術: 新しい手術アプローチとトレーニング

座長: 木内博之、齋藤 清

1A-PD2-3

内視鏡支援によるトルコ鞍部くも膜嚢胞に対する経鼻的嚢胞脳槽短絡術
Transsphenoidal cyst-cisternostomy with a supportive usage of endoscope for sellar arachnoid cysts

大山健一 (OYAMA Kenichi)、山田正三、福原紀章、中冨浩文 1、臼井雅昭 1

虎の門病院 間脳下垂体外科、虎の門病院 脳神経外科 1

方法)経鼻孔的にトルコ鞍近傍まで到達する。鞍結節を中心として上下2cm程の骨除去を行う。その後鞍結節部を中心として1cmほどの硬膜開窓を行い、頭蓋内に到達する。径2.7mmの細径内視鏡を挿入し頭蓋内の観察を行った上で慎重に嚢胞を開窓し視交叉前漕及び可能な場合は橋前漕と交通させる。最後に大腿筋膜および6-0ナイロン糸を用いて硬膜形成を行う。結果)視障害にて発症し、MRIにて内容液が髄液様の所見を呈していたトルコ鞍部の嚢胞性病変15例に対して本法を施行した。本法施行15例中6例がくも膜嚢胞であり、9例はラトケ嚢胞であった。くも膜嚢胞の6例中5例では正常下垂体がトルコ鞍後方へと圧排されていたため、比較的大きな開窓を行うことができた。それに対してラトケ嚢胞ではトルコ鞍前方に正常下垂体が存在し、嚢胞の開窓範囲が制限された。術後全症例で視障害の改善が認められた。術後髄液漏は2例で認められたが保存的加療で改善した。くも膜嚢胞6中5例が再貯留なく経過しているが、ラトケ嚢胞では9例中2例で再貯留が認められた。結語)本手術法によりトルコ鞍部くも膜嚢胞に対して、低侵襲に嚢胞脳漕短絡を行うことが可能であり、開頭術と同様な治療効果が期待できる。必要最小限の硬膜開窓を行うことにより硬膜形成も比較的容易である。ラトケ嚢胞に関しても再貯留を防ぐ有効な手術法となり得るが、正常下垂体が開窓範囲の制限因子となる。

Home ご案内 日程表 プログラム 1日目 プログラム 2日目