第16回日本神経内視鏡学会 抄録
The 16th Annual Meeting of the Japanese Society for Neuroendoscopy

前の演題 次の演題

第1日目、12月4日(金)A 会場(3階 メインホール)9:30〜11:00

シンポジウム 1: 内視鏡治療の現状と今後の展望

座長: 寺本 明、新井 一

1A-S1-7

経頭蓋硬性鏡単独手術
Transcranial endoscopic neurosurgery

齋藤 清 (SAITO Kiyoshi)、渡邉 督、安藤 等、粕谷泰道、伊藤英治、佐藤 拓、市川優寛、佐久間潤、永谷哲也 1

福島県立医科大学 脳神経外科、名古屋大学 脳神経外科 1

内視鏡を用いた手術の特徴は、小さな入口から、広い視野を確保できる点に集約される。内視鏡単独手術の新たなアプローチとして、前頭蓋底腫瘍病変、鞍上部病変などに対するKeyhole手術について報告する。
主に前頭蓋底髄膜腫、トルコ鞍の狭い下垂体腺腫に対しKeyhole術式を行った。主に5cmのEyebrow incisionで3cmの開頭を行う。4mm硬性鏡(0度、30度)とホルダーを使用し、深部操作などでは助手が内視鏡を動かし、フォーカスなども調整する。操作スペースや、道具の干渉が生じるため、術野の確保は綿による脳保護のみもしくは細い脳へら1本を使用した。通常のバイポーラが使用できるが、深部で先端が開かない場合は、同軸の内視鏡用バイポーラを使用。顕微鏡手術では死角となる部分の髄膜腫の付着部や、視神経の裏などでの操作は、適切な曲がりの道具が必要であった。閉頭は骨削除部分をリン酸カルシウムペーストで形成する。
上記以外にも、脳実質内腫瘍、脳室内腫瘍に対する硬性鏡単独手術を行っている。
視野角の広い内視鏡観察下で、道具を工夫したり、30度、70度内視鏡の選択、ポジションを工夫すれば、小さな間口からでも観察、操作可能になる。ただし、問題点は、入口が小さいため内視鏡そのものや、道具同士が干渉し、操作が困難な場面があること、死角となる部分の観察はできるが、従来の道具では届かず、細かい動きができないことなどがあげられる。脳神経等の脆弱な重要構造物の剥離操作は特に繊細な技術を要し、今後術者の手術環境を整えていくことが重要である。適応を選べば、低侵襲であり視野が広く、有用な方法と考えられた。

Home ご案内 日程表 プログラム 1日目 プログラム 2日目