第16回日本神経内視鏡学会 抄録
The 16th Annual Meeting of the Japanese Society for Neuroendoscopy

前の演題 次の演題

第1日目、12月4日(金)A 会場(3階 メインホール)16:00〜17:20

シンポジウム 2: 第三脳室底開窓術: 治療成績の評価と向上のための工夫

座長: 大井静雄、宮嶋雅一

1A-S2-2

閉塞性水頭症に対する内視鏡下第三脳室底開窓術の成績の向上とその評価
Classification and treatment results of the obstructive hydrocephalus for endoscopic third ventriculostomy

内門久明 (UCHIKADO Hisaaki)、前田充秀、土井 亮、寺崎瑞彦、徳富孝志、重森 稔、倉本晃一 1、宮城尚久 2

久留米大学 医学部 脳神経外科、大牟田市立総合病院 脳神経外科 1、公立八女総合病院 脳神経外科 2

【目的】閉塞性水頭症に対する第三脳室底開窓術(ETV)は確立された治療法となった。今後の課題は年齢、適応、技術的限界と合併症回避およびstoma開存の工夫である。【対象】52症例(55ETV)で全例軟性鏡使用。閉塞部は中脳水道;21(23回、腫瘍関連;12)、四脳室出口;7(8回)、鞍上部クモ膜嚢胞;2(再手術;1)、交通性(閉塞部不明);12,二次性NPH;10)、シャント離脱;10例である。【結果】全症例の短期成功は65%で、閉塞分類による成功率は各々86%(非腫瘍;89%、腫瘍関連;83%)、86%、100%、8%、60%であった。非成功例の原因は術後髄液漏による感染;2、術後SAH合併;1、ETV不可能;2、髄液吸収能再獲得不良;14であった。長期のstoma閉塞は2例で10歳代の慢性例の第三脳室底がherniated type(40%;2/5例)であった。一過性硬膜下水腫は2歳以下の2例に認めた。大泉門閉鎖前1歳以下は2例であるが現在のところシャント術は要していない。【考察、結語】成功率の向上にはその適応基準を明確にすることが必要であり、画像上閉塞部が明らかで第三脳室底のballooningがあり、かつ髄液吸収能が保たれていることが条件である。自験例でのstoma再閉塞はherniated typeの第三脳室底であり、さらに技術的な工夫を要する。硬膜下水腫の予防には大井らのtrajectory packing法が有効と考えられる。高圧性のものやシャント離脱例では術後間欠・持続的髄液排出による髄液漏防止や吸収能再獲得を心がける必要がある。術前および術中の髄液吸収能の評価が今後の課題である。また1歳以下であってもETV有効例は存在し、適応基準の確立も課題と考える。

Home ご案内 日程表 プログラム 1日目 プログラム 2日目