第16回日本神経内視鏡学会 抄録
The 16th Annual Meeting of the Japanese Society for Neuroendoscopy

前の演題 次の演題

第1日目、12月4日(金)B 会場(2階 203, 204)15:00〜16:10

ミニシンポジウム 1: 内視鏡的脳内・脳室内血腫除去術: 有効性に関する検討

座長: 冨永悌二、佐藤慎哉

1B-MS1-1

当院における内視鏡下血腫除去術の治療成績(ステレオ血腫除去術と比較して)
Results of endoscopic evacuation of intracerebral hematoma in our hospital (in comparison with stereotactic surgery)

尹 英植 (YUN Yeonsik)、岩本直樹、原田有彦、上田祐司、原田克己

社会保険徳山中央病院 脳神経外科

【目的】内視鏡下血腫除去術は、現在ではステレオ血腫除去術に変わり、中等度の脳内血腫に対する標準的な治療になりつつある。当院においても、これまでは中等度の脳内血腫に対してはステレオ血腫除去術が一般的であったが、平成19年より神経内視鏡下血腫除去術を導入して以来、24件の手術を施行してきた。今回、従来のステレオ血腫除去術を行ってきた症例と、内視鏡下血腫除去術を施行した症例を比較検討し、内視鏡下血腫除去術の利点、開頭血腫除去術へ移行する際の条件などを考察する。【対象】平成18年1月より平成21年6月までに脳出血で当院に入院し、ステレオ血腫除去術、あるいは内視鏡下血腫除去術が施行された患者、56症例を対象に、発症から手術までの時間、術前血腫量、摘出率、手術時間、在院日数、退院時ADL、転帰などを比較、検討した。【結果】ステレオ血腫除去術は32例、出血部位は被殻16、視床5、尾状核1、小脳9、皮質下1であった。内視鏡下血腫除去術は24例、出血部位は被殻16、視床2、小脳2、皮質下4であった。手術時間の平均はステレオ血腫除去術が29.3分、内視鏡下血腫除去術が50.4分であった。摘出率は、ステレオ血腫除去術が63.6%、内視鏡下血腫除去術が88.3%であった。死亡例を除く平均在院日数はステレオ血腫除去術が79.8日、内視鏡下血腫除去術が46.1日であった。【考察】内視鏡下血腫除去術は、ステレオ血腫除去術に比し、摘出率、平均在院日数にて良好な結果が得られた。ステレオ血腫除去術がblind操作であるのに対し、モニター下での操作であるため血腫の残存や再出血などが確認でき、より安全に、中等度の脳内血腫除去術が可能である。血腫腔内ドレーンの早期抜去による早期リハビリ、早期離床により在院日数の短縮も認められた。

Home ご案内 日程表 プログラム 1日目 プログラム 2日目