第16回日本神経内視鏡学会 抄録
The 16th Annual Meeting of the Japanese Society for Neuroendoscopy

前の演題 次の演題

第1日目、12月4日(金)B 会場(2階 203, 204)15:00〜16:10

ミニシンポジウム 1: 内視鏡的脳内・脳室内血腫除去術: 有効性に関する検討

座長: 冨永悌二、佐藤慎哉

1B-MS1-2

視床出血に対する内視鏡的血腫除去術
Endoscopic hematoma evacuation for thalamic hemorrhage

片岡大治 (KATAOKA Hiroharu)、山名則和、福田 仁、鈴木孝征、安藤充重、福光 龍、岩崎孝一

姫路医療センター 脳神経外科

【目的】脳室内出血を伴う視床出血に対し、当施設では早期に意識障害を改善させ有効なリハビリを発症直後から行う目的で、内視鏡的血腫除去術を行っている。脳室ドレナージ術のみを行った症例と比較することにより、視床出血に対する内視鏡的血腫除去術の役割について考察する。【方法】2005年4月より当施設で内視鏡的血腫除去術をうけた視床出血10例(E群)とそれ以前に脳室ドレナージ術のみを行った9例(D群)について、術前後の意識レベル・麻痺の変化、ドレーンの留置期間、後のシャント術の必要性などを比較検討した。内視鏡的血腫除去術は透明シースと硬性鏡及び軟性鏡を用い、経脳室的に主に脳室内血腫の除去を行った。【結果】術直後に有意な意識レベルの改善が認められたのはD群22%に対し、E群では80%にみられた。内視鏡群で改善が得られなかったもののうち1例は血腫が中脳に進展しており、1例は初期の症例で脳室内に血腫が十分摘出されていない症例であった。平均ドレーン留置期間はD群9.3日に対し、E群5日。D群では28.6%にVPシャント術が必要になったが、E群ではシャントが必要となった症例はなかった。一方、退院時の麻痺の改善度およびmRSは両群で差がみられなかった。【結論】脳室内出血を伴う視床出血に対する内視鏡的血腫除去術は、急性期の意識障害を速やかに改善させ、ドレーン留置期間を短縮することにより、早期離床を可能とする効果があることが示唆された。内視鏡的血腫除去術が最終的な機能予後を改善させるかどうかについてはさらなる検討を要する。

Home ご案内 日程表 プログラム 1日目 プログラム 2日目