第16回日本神経内視鏡学会 抄録
The 16th Annual Meeting of the Japanese Society for Neuroendoscopy

次の演題

第1日目、12月4日(金)B 会場(2階 203, 204)8:30〜9:30

一般口演 1: 脳出血

座長: 加藤庸子、石原正一郎

1B-O1-1

内視鏡下血腫除去術において止血を早く的確にするための工夫
Method of coagulation in endoscopic removal of hematoma

飯塚 宏 (IIZUKA Hiroshi)、木田義久

小牧市民病院 脳神経外科

【目的】脳内出血に対して侵襲の少ない内視鏡下の血腫除去術が普及しつつあり、良好な成績の報告が多い。当院でも3年前ほどから内視鏡下による血腫除去術を行っている。マチダの透明シース、オリンパスの内視鏡(硬性鏡)、フジタ医科の内視鏡用吸引管を用いて行っているが、術者のタイミングで行えないイリゲーション、凝固止血は術中のストレスになってしまう。イリゲーション付き吸引管は吸引管自体が大きく重くなり操作がしにくく、術者の負担になるためにあまり有用性がない。止血も助手が電気メスにて通電するために、吸引管がずれて止血点がずれたりする。出血が続いているときは、吸引しつつすぐに止血が必要である。そこで昨年、汎用性が高い外科手術用のモノポーラ(ConMed社)のコードと吸引管の止血凝固用チップを接続する道具を作成した。今回さらに改良を加えて、使いやすくスマートな接続コードを作成した。吸引管自体には細工しないために使い勝手は変わらず、凝固止血はフットスイッチで術者のタイミングで行えるためにドライな術野で止血できる。【方法】フジタ医科の吸引管の凝固用チップを包み込めるようなアダプター付きコードを作成し、周囲から締め付けることによってチップとコードが外れないように固定し、フットスイッチで止血ができるシステムである。モノポーラも接続できるために皮膚切開や、普段の止血にも利用できる汎用性の高いモノである。【まとめ】この特殊なコードにより、術中の止血時のストレスはなくなった。手術時間は最近は頭蓋形成を行っているためにあまり変化はないも、止血はしやすく成績も比較的良好と考えられた。

Home ご案内 日程表 プログラム 1日目 プログラム 2日目