第16回日本神経内視鏡学会 抄録
The 16th Annual Meeting of the Japanese Society for Neuroendoscopy

前の演題 次の演題

第1日目、12月4日(金)B 会場(2階 203, 204)8:30〜9:30

一般口演 1: 脳出血

座長: 加藤庸子、石原正一郎

1B-O1-3

鋳型状脳室内血腫に対する神経内視鏡手術
Neuroendoscopic surgery for Intraventricular hemorrhage with cast formation

平本 準 (HIRAMOTO Jun)、田中雄一郎、松澤源志 1、水庭宜隆、中村歩希 2、橋本卓雄

聖マリアンナ医科大学 脳神経外科、横浜市民病院 脳神経外科 1、聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院 2

【緒言】当院では2002年から脳内出血に対して可能な症例では神経内視鏡的血腫除去術を行っている。手術時間の短縮と低身襲性から有用な方法であると考え、今後も症例を重ねていきたいと考えている。脳室内の鋳型状血腫5例を経験した。5例の経験から手術手技についてまとめた。【対象・方法】対象となった症例は2002年から2009年までに経験した鋳型状脳室内血腫5例である。年齢は27歳から83歳であり、出血の原因はもやもや病が2例、高血圧性視床出血が1例、動脈瘤破裂が2例であった。手術方法はクリアシースと硬性鏡を用いて主に側脳室内血腫を除去し、透明中隔開窓を可能な限り行った。第3脳室内は軟性鏡を用いてワーキングチャンネルから注射器シリンジでの吸引で除去した。【成績・結果】術前GCSは平均7点と低く、脳幹の機能が限界直前である事から3例が死亡したが、1例はSD、1例はMDでリハビリテーション中である。【結論】手術によって明らかに救命できている症例やADLを取り戻している症例を経験しており、特に若年者では積極的にこの手術を試みる事に意義があると考える。低頻度ではあるが、緊急にこれらのような症例に遭遇する事が必ずあり、通常のクリアシースを用いた脳内血腫除去とは異なることが多いため、別の手術法として確立すべきであると考える。

Home ご案内 日程表 プログラム 1日目 プログラム 2日目