第16回日本神経内視鏡学会 抄録
The 16th Annual Meeting of the Japanese Society for Neuroendoscopy

前の演題 次の演題

第1日目、12月4日(金)B 会場(2階 203, 204)8:30〜9:30

一般口演 1: 脳出血

座長: 加藤庸子、石原正一郎

1B-O1-5

脳室内出血に対する神経内視鏡手術成績
Result of neuroendoscopic surgery for intraventricular hemorrhage

大江直行 (OHE Naoyuki)、田中嘉隆、野中裕康、山田清文、江頭裕介、中山則之、矢野大仁、吉村紳一、岩間 亨

岐阜大学大学院 医学系研究科 脳神経外科

【目的】脳室内出血は脳出血、脳動脈瘤破裂、脳動静脈奇形(AVM)破裂などに合併し、その予後は脳室内出血を合併しないものと比し不良となることが多い。これまで当科では脳室内出血に対しては脳室ドレナージを行ってきたが、最近神経内視鏡を用いて積極的な脳室内血腫除去を行っている。神経内視鏡を用いた鋳型状脳室内血腫除去に関し、その手術法および治療成績を検討した。【対象】平成16年4月から平成21年5月までに当科で脳室内出血に対して神経内視鏡手術を行った6例を対象とした。原疾患は視床出血3例(年齢57-70歳、平均62歳、男性1例、女性2例)、前交通動脈瘤破裂1例(年齢49歳、女性)、左後大脳動脈AVM破裂1例(年齢16歳、女性)、もやもや病1例(年齢15歳、男性)であった。術前の意識レベルはJCS100以下が5例で、4例が脳ヘルニア徴候を呈していた。【方法】緊急で全身麻酔下に神経内視鏡単独手術を行った。5例で側脳室前角穿刺、1例で後角穿刺を行った。5例は主として硬性鏡を用いたdry fieldでの手術を行い、1例は軟性鏡を用いたwet fieldでの手術を行った。脳室内血腫除去後は全例脳室ドレナージを留置した。また脳動脈瘤破裂、AVM破裂の2例で外減圧術も行った。【結果】全例、術直後の頭蓋内圧亢進状態は改善された。視床出血からの脳室内出血に対して側脳室前角からのアプローチでは側脳室体部から後角に血腫が残存した。術後、脳動脈瘤破裂の1例は正常圧水頭症を合併しシャント術を必要とした。もやもや病の1例は術後急性期に頭蓋内圧亢進による脳虚血が原因と考えられる急性脳腫脹により死亡した。【考察】鋳型状脳室内血腫に対して神経内視鏡を用いた積極的な脳室内血腫除去は頭蓋内圧低下に有効であると思われた。視床出血症例では側脳室後角アプローチの考慮、若年者やもやもや病症例では脳室内血腫除去のみでなく外減圧の併用を考慮する必要があると思われた。

Home ご案内 日程表 プログラム 1日目 プログラム 2日目