第16回日本神経内視鏡学会 抄録
The 16th Annual Meeting of the Japanese Society for Neuroendoscopy

前の演題

第1日目、12月4日(金)C 会場(2階 特別会議室)13:05〜13:35

ムービーセッション 1: 合併症ほか

座長: 赤井卓也

1C-Mov1-6

脳室内血腫除去術後に合併した急性閉塞性水頭症に対する神経内視鏡治療の有用性
Effectiveness of neuroendoscopic treatment for acute obstructive hydrocephalus after the surgery for intraventricular hemorrhage

湧田尚樹 (WAKUTA Naoki)、小松文成、太田美香、井上 亨

福岡大学 医学部 脳神経外科

 我々は脳室内出血の症例に対して、軟性鏡を用いた脳室内血腫除去を積極的に行っている。今回、脳室内血腫除去術後に急性閉塞性水頭症を発症し、神経内視鏡手術が非常に有効であった1例を経験したので報告する。【症例】55歳、女性。急激な意識障害・右不全片麻痺を認め、当院救命救急センターに救急搬送となった。入院時はJCS二桁の意識障害と失語、顔面を含む右不全片麻痺を認めた。頭部CT検査で脳室内穿破を伴う左被殻出血と診断した。左被殻部の出血量は58mlであった。同日、神経内視鏡下血腫除去術を施行し、左被殻部及び脳室内の血腫を除去した。血腫除去は良好であり、術後の再出血を認めず、手術後2日目に意識状態はJCS一桁に改善した。しかし、手術後3日目の朝よりJCS三桁と意識状態の再増悪を認めた。頭部CT検査及び MRI検査で残存血腫の嵌頓による急性閉塞性水頭症と診断し、中脳水道形成術を施行した。術後の頭部CT検査及び MRI検査で脳室の狭小化と中脳水道の開存を認め、閉塞性水頭症の軽快を認めると共に意識障害は改善した。【結語】脳室内血腫除去後に急性閉塞性水頭症を発症した症例に対して積極的に神経内視鏡手術を行い、良好な結果を得たので報告する。

Home ご案内 日程表 プログラム 1日目 プログラム 2日目