第16回日本神経内視鏡学会 抄録
The 16th Annual Meeting of the Japanese Society for Neuroendoscopy

次の演題

第1日目、12月4日(金)D 会場(3階 ホワイエ お城側)13:05〜13:35

ムービーセッション 2: くも膜嚢胞 1

座長: 間瀬光人

1D-Mov2-1

神経内視鏡にて治療した鞍上部くも膜嚢胞の三例
Suprasellar arachnoid cyst treated by neuroendoscopic surgery

山田正彦 (YAMADA Masahiko)、平原一穂、石神 崇、山畑仁志、石井 毅、友杉哲三、上津原甲一、森山一洋 1

鹿児島市立病院 脳神経外科、厚地脳神経外科病院 1

症例1は9ヶ月の女児。6ヶ月で大泉門膨隆あり、頭部CTで水頭症を指摘され、当院にて7ヶ月のときに脳室−腹腔シャント術を受ける。術後の頭部MRIで鞍上部くも膜嚢胞が判明し、9ヶ月のときに嚢胞開窓術を行う。症例2は9歳女児。両側の拍動性頭痛あり、近医の頭部CTで水頭症を指摘され、当院紹介。頭部MRIで鞍上部くも膜嚢胞が判明し、嚢胞開窓術を行う。症例3は73歳女性。数年前より割れるような頭痛が時々あり、近医より厚地脳神経外科病院へ紹介。頭部MRIで鞍上部くも膜嚢胞が判明し、嚢胞開窓術を行う。CT cisternographyでは症例1はno filling type。症例2はdelayed filling & delayed clearance type。症例3はearly filling & early clearance typeであった。症例1と3は上壁と下壁の開窓を行い、症例2は上壁のみの開窓に終わった。症例1は水頭症の再発なく、6歳時にシャント抜去できた。症例2と3は術後早期より頭痛の消失と水頭症の改善が得られた。3例いずれも嚢胞壁は繊維状で硬く開窓に難渋した。症例3は病理学的にくも膜嚢胞が確認された。水頭症で発症した3例の鞍上部くも膜嚢胞に対し、神経内視鏡的に治療を行ったが、若干の文献的考察を加え報告する。

Home ご案内 日程表 プログラム 1日目 プログラム 2日目