第16回日本神経内視鏡学会 抄録
The 16th Annual Meeting of the Japanese Society for Neuroendoscopy

前の演題 次の演題

第1日目、12月4日(金)D 会場(3階 ホワイエ お城側)13:05〜13:35

ムービーセッション 2: くも膜嚢胞 1

座長: 間瀬光人

1D-Mov2-2

小児に対する内視鏡下鞍上部くも膜嚢胞開窓術の経験〜幼児症例に対する工夫
Endoscopic perforation for infant suprasellar arachnoid cyst, technical idea for infant case

深見忠輝 (FUKAMI Tadateru)、高木健治、地藤純哉、鈴木文夫、野崎和彦、松村憲一 1

滋賀医科大学 脳神経外科、草津総合病院 脳神経外科 1

【緒言】症候性鞍上部くも膜嚢胞は稀な疾患であり、治療法は昨今その低侵襲性から神経内視鏡による開窓術が主流となっている。今回、小児症例を経験したので、手技の工夫もあわせて報告を行う。【症例】1歳男児。7ヶ月の頃、上気道炎で入院した近医小児科にて頭囲拡大を指摘され、CT,MRIで水頭症を確認されたため、当科紹介入院。この際のメトリザマイドCTでは造影剤の脳室脳槽の交通に問題はなく、嚢胞の形成もないことから交通性水頭症と診断しVPシャントを施行。術後脳室の縮小を認め、退院後外来経過観察。経過観察で行った1歳時のCTにてVPシャントの脳室チューブが脳室壁に圧着された所見とともに第3脳室のみがバルーン状に拡大した所見をみた。入院にてVPシャントの脳室チューブより脳室造影を行ったところ、鞍上部くも膜嚢胞と診断でき、また、シャント機能不全に陥るリスクも考えられたため、VPシャントは残した状態で対側前角穿刺にて軟性鏡使用下に開窓術を行った。開窓は嚢胞の上壁及び下壁にフォガティーバルーンを用いて行った。術後CTでは第3脳室の縮小を認めた。【考察】開窓においては、脳脊髄液の流れを作り出すため、少なくとも2箇所の開窓が必要とされている。レーザーやモノポーラなどによる嚢胞壁切開を用いている報告が多いが、くも膜嚢胞の上部には必ず伸展した第3脳室底が存在しているため、どのような開窓法が開窓時の第3脳室底損傷を最小限に、そして機能障害を回避できるのか疑問である。我々は、手技上時間は必要となるが、バルーンでの鈍的開窓を選択した。また、今回、手技上、小児例であることから、髄液漏防止の対策、脳室穿刺時の工夫、硬膜下水腫発生の防止に工夫を凝らした。鞍上部くも膜嚢胞の形成にはリリケスト膜との関連も報告されている。術中の観察所見にてこれを示唆する所見が確認できた。

Home ご案内 日程表 プログラム 1日目 プログラム 2日目