第16回日本神経内視鏡学会 抄録
The 16th Annual Meeting of the Japanese Society for Neuroendoscopy

前の演題 次の演題

第1日目、12月4日(金)D 会場(3階 ホワイエ お城側)13:35〜14:05

ムービーセッション 3: くも膜嚢胞 2

座長: 佐久間 潤

1D-Mov3-1

中頭蓋窩クモ膜嚢胞に対する内視鏡下嚢胞-脳底槽、円蓋部クモ膜下腔開窓術の1例
Endoscopic cyst-basal cistern and convexity subarachnoid space fenestration in an arachnoid cyst at the middle fossa

前田充秀 (MAEDA Mitsuhide)、内門久明、徳富孝志、重森 稔

久留米大学 医学部 脳神経外科

中頭蓋窩クモ膜嚢胞の治療法には古くから開頭による嚢胞開放術と嚢胞シャント術があり、優劣に関しては賛否両論ある。近年内視鏡手術手技の向上により開頭術に代わり内視鏡下嚢胞開窓術の報告が散見される。しかし頭蓋内クモ膜嚢胞の一カ所の開窓では短期成績は良いが、開窓部の再閉塞やチェックバルブ機構による嚢胞再増大が長期成績を左右する。そこで正常な髄液循環路を得るための嚢胞開窓が重要であると考える。症例は頭痛発症の正常発達の6歳、男児。両側中頭蓋窩クモ膜嚢胞を認め、左側は巨大でありmidline shiftを呈していた。内視鏡(軟性ビデオスコープ)下に 嚢胞−脳底槽への開窓およびシルビウス裂を剥離し、円蓋部クモ膜下腔へ交通路を作成した。術後嚢胞の縮小を認めている。本症例の術中ビデオを提示し、頭蓋内クモ膜嚢胞の内視鏡治療について文献的考察を加え報告する。

Home ご案内 日程表 プログラム 1日目 プログラム 2日目