第16回日本神経内視鏡学会 抄録
The 16th Annual Meeting of the Japanese Society for Neuroendoscopy

前の演題

第1日目、12月4日(金)D 会場(3階 ホワイエ お城側)13:35〜14:05

ムービーセッション 3: くも膜嚢胞 2

座長: 佐久間 潤

1D-Mov3-5

内視鏡的開窓術を行った小児嚢胞性病変の長期成績 (2症例報告)
Long term follow up of pediatric arachonid cyst cases

秋山幸功 (AKIYAMA Yukinori)、大瀧雅文、金 相年、斎藤久秦、今井浩平

帯広厚生病院 脳神経外科

はじめに:頭蓋内嚢胞性病変はあらゆる部位に発生する非腫瘍性病変である。嚢胞の進行性増大、局所症状、閉塞性水頭症などを合併する場合などは、手術適応となりうる。開頭嚢胞窓形成術、嚢胞腹腔シャント術、内視鏡的開窓術などの治療法がある。ただ、長期成績の報告は皆無である。今回長期follow upが可能であった内視鏡的開窓術を行った小児2症例を経験したので、文献的考察を加え、報告する。症例:(症例1)2歳男児。顔面外傷の精査で第三脳室内嚢胞を偶然発見された。閉塞性水頭症を合併しており、手術適応となった。(症例2)8ヶ月の女児。胎児エコー、MRIにてすでに四丘体槽から大脳半球間裂嚢胞を発見されていた。出生後無症候で経過していたが、進行性の嚢胞拡大があり手術適応となった。両症例とも5年が経過し、再発なく、高次機能障害も存在しなかった。考察:クモ膜嚢胞はクモ膜の形成異常によって生じる先天性嚢胞であり、クモ膜が袋状となり嚢胞を形成する。嚢胞壁が上皮細胞と結合織からなるものをependymal cyst、グリア組織を含む場合をglioependymal cystと区別する場合がある。クモ膜嚢胞の治療の原則は嚢胞拡大による脳、神経組織への圧迫および髄液循環障害を解除することである。今回、内視鏡的開窓術により良好な経過をたどった2症例の長期成績について報告する。

Home ご案内 日程表 プログラム 1日目 プログラム 2日目