第16回日本神経内視鏡学会 抄録
The 16th Annual Meeting of the Japanese Society for Neuroendoscopy

前の演題 次の演題

第1日目、12月4日(金)E 会場(3階 ホワイエ ANA側)13:35〜14:05

ムービーセッション 5: 症例報告 2

座長: 野村貞宏

1E-Mov5-1

内視鏡的隔壁開放により神経症状を改善しえた多房性大脳間裂嚢胞の1例
A case of an interhimispheric cyst with multiple cysts relieved by endoscopic cystostomy

喜多大輔 (KITA Daisuke)、林 康彦、岩戸雅之、宮下勝吉、河原庸介、新多 寿 1、濱田潤一郎

金沢大学 脳神経外科、小松市民病院 脳神経外科 1

【緒言】多房性嚢胞を伴った大脳半球間裂嚢胞には、病態生理や治療方法に関する一定の見解はなく、個々の症例で治療方針の検討を要する。我々はMRI Fast Imaging Employing Steadystate Acquisition (FIESTA)、Diffusion Tensor Image Tractgraphy (Tractgraphy)、およびCT-Cisternography (CT-C)が、病態の把握、治療方針の決定に有効であった症例を経験したので報告する。【症例】12歳男児。生来より軽度左片麻痺、頭蓋非対称(左>右)を認め、リハビリ病院で経過観察されていた。発達には異常を認めず、普通学級に通学していた。半年前より左片麻痺がやや進行したため精査したところ、左大脳半球内に多房性嚢胞病変を指摘され当科紹介となった。FIESTAでは、計6個の嚢胞が確認され、最大の嚢胞は側脳室と連続した憩室と判明した。正中部の嚢胞は左右の半球にまたがり脳梁低形成を伴っていたことから、大脳半球間裂嚢胞と診断しえた。CT-Cでは、個々の嚢胞間に直接の髄液交通を認めないことが明らかとなった。Tractgraphyでは、錐体路が嚢胞によって圧排されている所見を認めた。各嚢胞間と脳室系とを交通させることにより、錐体路圧排が解除されることを期待し、内視鏡的に嚢胞間隔壁開放を行った。術後、左片麻痺は改善し、CT-Cにて各嚢胞間の造影剤流入を確認した。【結語】多房性嚢胞に対し内視鏡的隔壁開放を行う際に、嚢胞間の位置関係の把握にはFIESTA画像が、髄液動態の把握にはCT-Cが、それぞれ有用であった。また、嚢胞による錐体路圧迫はTractgraphyにより把握され、治療方針決定に有用であった。

Home ご案内 日程表 プログラム 1日目 プログラム 2日目