第16回日本神経内視鏡学会 抄録
The 16th Annual Meeting of the Japanese Society for Neuroendoscopy

前の演題 次の演題

第2日目、12月5日(土)A 会場(3階 メインホール) 15:30〜16:45

パネルディスカッション 3: 内視鏡的腫瘍生検術の有用性と診断率向上に対する工夫

座長: 山田和雄、峯浦一喜

2A-PD3-7

ナビゲーション誘導神経内視鏡下脳実質内腫瘍生検術の有用性
Intra-parenchymal tumor biopsy by neuroendoscope under navigation

赤井卓也 (AKAI Takuya)、白神俊祐、山本謙二、岡本一也、立花 修、飯塚秀明

金沢医科大学 医学部 脳神経外科

【目的】神経内視鏡を用いた脳室内および脳室近傍腫瘍生検術は、1) 確実に組織を採取できる、2) 脳室内の腫瘍播種の確認ができる、3) 同時に第3脳室底開窓術ができる、などの点でその有用性が報告されている。一方、実質内腫瘍では、周囲の構造から腫瘍位置を同定することが困難なため、主として定位的手術あるいは開頭手術によって生検、摘出が行われてきた。ナビゲーションを併用することで、脳実質内腫瘍を内視鏡下に腫瘍を摘出できないであろうか。【対象・方法】1997年より、下垂体腫瘍を除く25例の脳腫瘍に神経内視鏡を用いて腫瘍生検術を行った。そのうち7例(40〜65歳、平均55.7歳)でナビゲーション誘導腫瘍生検術を行った。方法は以下のとおりである。1) 穿頭部位をナビゲーションにより決定、2) SureTRAK2を取り付けた透明シースを硬性鏡で観察しながら目的部位まで進める、3) 内視鏡モニター下に腫瘍表面および腫瘍内より鉗子で組織を採取。出血時は、吸引管と電気メスにて止血。【結果】全例で組織を採取でき、診断はastrocytoma 4例、malignant lymphoma 2例、radiation necrosis 1例であった。いずれの症例においても新たな神経症状の出現はなかった。組織採取中もシース周囲からの出血を観察することができ止血可能であった。【結論】ナビゲーション誘導神経内視鏡腫瘍生検術は、脳実質内腫瘍においても確実かつ安全に組織採取が可能であった。本法の適応は、1) 開頭手術でも全摘出が困難な症例、 2) 腫瘍摘出の必要がないmalignant lymphoma、radiation necrosisなどとの鑑別が困難な症例、と考えられた。

Home ご案内 日程表 プログラム 1日目 プログラム 2日目