第16回日本神経内視鏡学会 抄録
The 16th Annual Meeting of the Japanese Society for Neuroendoscopy

前の演題 次の演題

第2日目、12月5日(土)A 会場(3階 メインホール) 8:30〜9:50

シンポジウム 3: 内視鏡手術は顕微鏡手術を凌駕したか: 下垂体手術

座長: 佐伯直勝、喜多村孝幸

2A-S3-2

経鼻的下垂体腫瘍摘出術における神経内視鏡の役割
A role of neuroendoscope in endonasal transsphenoidal pituitary surgery

川俣貴一 (KAWAMATA Takakazu)、天野耕作 1、久保長生 1、堀 智勝 1、岡田芳和 1

東京女子医科大学附属八千代医療センター 脳神経外科、東京女子医科大学 脳神経外科 1

【背景】経蝶形骨洞手術に神経内視鏡が導入されてから久しく、単独手術も行われるようになっている。われわれは内視鏡支援手術を行っており、その立場から経蝶形骨洞手術における神経内視鏡の意義、今後の展望について検討する。【方法】1998年6月から2009年5月に当施設で経蝶形骨洞手術を施行した下垂体腺腫550例、ラトケ嚢胞132例、頭蓋咽頭腫35例、その他50例、合計767例を対象とした。術式は顕微鏡と内視鏡を併用した経鼻的摘出術である。主たる操作、方針は、1. 鼻腔内操作を中心に主操作は顕微鏡下に行う、2. 腫瘍側方進展部分を中心に神経内視鏡を使用、3. 下垂体腺腫や頭蓋咽頭腫の場合、術中迅速診断を利用して境界部分を意識した剥離・摘出を行う、4. 内視鏡操作のための器具の工夫、などである。【結果】内視鏡の併用にて側方伸展部分の摘出率が向上したことは明確であり、また直視下での操作で安全である。これらの操作に伴う、永続する複視や内頸動脈損傷はみられなかった。境界部分を意識した剥離・摘出により治療成績が向上することはこれまでにも報告してきたが、そのための操作は顕微鏡下でのほうが適している。自在鉗子の開発や曲がり吸引管などの併用により、既存の器具で到達が困難であった内視鏡による広角視野での操作が可能となっている。また、操作性の向上もみられる。【結語】神経内視鏡は本手術において必要不可欠な器具で顕微鏡単独よりも治療成績が向上する。しかし操作性という点では顕微鏡に劣る点はまだあり、現時点で凌駕したとは言い難い。内視鏡そのものの改良や手術器具の開発により今後さらに発展すると考える。

Home ご案内 日程表 プログラム 1日目 プログラム 2日目