第16回日本神経内視鏡学会 抄録
The 16th Annual Meeting of the Japanese Society for Neuroendoscopy

前の演題 次の演題

第2日目、12月5日(土)A 会場(3階 メインホール) 8:30〜9:50

シンポジウム 3: 内視鏡手術は顕微鏡手術を凌駕したか: 下垂体手術

座長: 佐伯直勝、喜多村孝幸

2A-S3-6

下垂体部病変に対する内視鏡手術:斜視鏡下手術操作について
Encosopic approach to the pituitary lesion: surgical maneuver under the side-viewing endoscope

谷口理章 (TANIGUCHI Masaaki)、細田弘吉、近藤 威、甲村英二

神戸大学大学院 医学系研究科 脳神経外科

目的:下垂体病変に対する経蝶形骨洞手術は内視鏡の応用がもっとも進んでいる領域のひとつといえる。その最大の利点は、深部の狭い術野における顕微鏡を凌駕する明視性であると思われる。とくに斜視鏡により得られる視野は、顕微鏡さらには直視鏡のpanoramic viewをもってしても観察困難な重要構造物の裏面にまで視野を展開しうる。本発表では内視鏡下手術における斜視鏡下での手術操作に焦点を絞って、その実際・有効性について整理した。対象:従来より行われている斜視鏡下の観察や吸引操作のみの症例は省略し、剥離など積極的な手術操作を行った症例について検討した(下垂体腺腫15例、脊索腫3例、ラトケ嚢胞1例、頭蓋咽頭腫1例)。方法:内視鏡は固定して使用し、両鼻孔経由での両手操作を原則とした。直視鏡下に腫瘍の大半を摘出した後、30度・70度と順次斜視角の強い内視鏡を挿入して、術野辺縁部の追加摘出を行った。器具は先端の用手変形可能なバイポーラ・剥離子・腫瘍摂子などを考案・作成し、また先端可動性の鉗子を用いて、障害物を迂回した手術操作を行えるようにした。結果:斜視鏡を用いることで、鞍底開窓部直近の海綿静脈洞内側壁や腫瘍の著明な上方進展部、また斜台部内頚動脈などの重要構造物の背側などが観察でき、わずかな残存腫瘍も同定することができた。従来blind操作や吸引操作のみが主であったこのような部位でも、周辺構造物との境界を視認しつつ操作できるため、器具の操作方向・力の加え具合などの調整が的確かつ容易となり、剥離操作などが安全・確実に施行できた。結語:斜視鏡と適切な器具を組み合わせることにより、従来観察困難であった部位にも剥離・摘出操作が的確に加えられようになり、手術の安全性・確実性が向上した。

Home ご案内 日程表 プログラム 1日目 プログラム 2日目