第16回日本神経内視鏡学会 抄録
The 16th Annual Meeting of the Japanese Society for Neuroendoscopy

前の演題 次の演題

第2日目、12月5日(土)A 会場(3階 メインホール) 13:00〜14:10

シンポジウム 4: 内視鏡支援顕微鏡手術

座長: 佐野公俊、伊達 勲

2A-S4-3

内視鏡支援脳神経減圧術におけるセットアップ
Set up for endoscope-assisted microvascular decompression.

内田幹人 (UCHIDA Mikito)、堀越 徹、木内博之

山梨大学 医学部 脳神経外科

【はじめに】神経内視鏡は、顕微鏡の死角部の観察のみならず、深部への照明供給と視野の拡大により病変のより詳細な観察が可能となるため、当科では積極的に脳神経減圧術に使用している。そこで今まで行ってきた術前のセットアップと術中の注意点などについての経験を報告する。【方法】使用システムは、オリンパスエンドアームあるいは、CCDをアダプターに装着した硬性内視鏡(外形2.7mmの30°,70°)を用い、内視鏡画像は、大型ビデオモニターに映した。内視鏡使用前の準備として、内視鏡視野のホワイトバランスと上下左右をモニター映像上で調節し、くもりを予防しておく。通常、内視鏡のモニターは、術者が最小限の視野移動で見えるよう顕微鏡の斜前方に設置する。エンドアームを使用する際には、術者と対向する方向に設置した方が、操作をしやすいと思われる。また、内視鏡の出し入れの際、顕微鏡に当たると不用意に内視鏡先端が動くため、十分なクリアランスを取る必要がある。内視鏡の術野への挿入は、顕微鏡下に内視鏡の進入位置や方向を確認しながら行う。この際、内視鏡の視野角度が大きくなるにつれて、先端がより深部に到達することに注意する。エンドアーム使用の際には、ロック解除の際に内視鏡が思わぬ方向に動くため、注意する必要がある。【結果】三叉神経痛においては、神経の頭側あるいは尾側より挿入し、メッケル腔からREZまで神経全長にわたり観察する。顔面痙攣においては、一般的に聴神経と下位脳神経との間に内視鏡を挿入し観察を行うが、術野の尾側から挿入する場合と、頭側から挿入する場合がある。いずれも、観察可能であるが、より良く観察出来る方向を選択する。当施設では視野角30°の内視鏡を用い、尾側から挿入することの方が多かった。【結語】内視鏡支援による顕微鏡手術操作には細心の注意が必要であり、適切な配置と準備により、手術の安全性と確実性が向上するものと考えられる。

Home ご案内 日程表 プログラム 1日目 プログラム 2日目